昨日まで世界になかったものを。

問 題
70億人で省エネせよ。



電気というエネルギーを得るために、
人はどれだけのエネルギーを費やすのだろう。

あなたは使うだけでいい。
旭化成のホール素子が世界中のモーターを制御し、
エネルギーロスをなくしてゆきます。


写真は、旭化成のホール素子。
電流に対する磁気効果を利用した、
磁気センサーである。いま省エネルギーを考える時、
センサーの果たす役割は極めて大きい。
私たちの家庭では、あらゆる家電にモーターが使われているが、
(CDやDVDはその一例だ)センサーの力で、
そのモーターの回転位置や速度を正確に把握することができる。
すると、いわば回し過ぎることなく、
必要最低限の電気でモーターを動かせるようになる。
ホール素子というセンサーの出現で、
モーターのエネルギー効率は飛躍的に進化した。
旭化成は、世界中で使われるホール素子の約70%、
年間12億個以上を生産している。
あなたがケータイを閉じた時、
自動で画面が消えるのもホール素子の力である。
誰もが使うものが進化すれば、誰もが省エネに参加できる。
電気をつくる技術はもちろんだが、
電気を無駄なく使う技術も、いま、求められている。
昨日まで世界になかったもの 「ホール素子」。

昨日まで世界になかったものを。

Page Top

top