↑Click!

小学校の理科の授業で方位磁針について勉強したことを思い出してみましょう。

方位磁針の赤い針(N極)が常に北を指すことを学びましたよね。

方位磁針が北を指すのは地球が大きな磁石になっているからです。

地球の北極近くが磁石のS極にあたるため、 方位磁針のN極側の針が磁力により北に引っ張られ、方位を知ることができるのです。

この地球上のS極を「磁北極」、地球に生じている磁力(磁石の力)を「地磁気」と呼んでいます。

Page 1   2   3   4