半導体磁気抵抗素子ご使用上の注意事項

 耐電圧                                                     

最大定格を遵守し、かつ推奨動作条件でご使用ください。特に直接素子に高電圧が加わらないようにご配慮下さい。

定格を超えた範囲でご使用の場合、素子が破壊に至ることがございます。またサージ電圧、静電気に対しても、

保管、取り扱い、回路実装上充分ご配慮下さい。
さらに素子が駆動部と接触しないようにご使用下さい。

 

 半田付け条件                                                 

以下に参考条件を記載致しますが、お客様で十分ご検討・ご確認の上、ご使用ください。

1. ディップ (素子全体を浸漬)
ハンダディップを行う場合は、図2に示した温度負荷以内の条件での処理をお勧めします。
ハンダディップ回数は、1回でお願いします。
2. 手ハンダ (ハンダゴテ使用の場合)
260℃・10秒間あるいは350℃・3秒間以下の熱負荷で、かつ、素子本体に触れないようにハンダ付けしていただく事をお勧めします。手ハンダ回数は2回以内でお願いします。
3. リフロー
リフローを行う場合は、図3に示した温度プロファイル以下の条件での処理をお勧めします。リフロー回数は、2回以内でお願いします。
4. ハンダフラックス
ハンダフラックスはロジン系のものをお勧めします。なお、有機酸系、無機酸系、水溶性のフラックスのご使用はお避け下さるようお願い致します。

 

                      【図2 ハンダディップ条件】                                                          【図3 リフロー条件】

 

   

 

 洗浄                                                       

ハンダフラックス等を洗浄される場合には次のようにして下さい。

1. 洗浄剤 ・・・ エタノール、イソプロピルアルコール
2. 温度 ・・・ 50℃以下
3. 超音波を併用される場合 ・・・ 周波数;45kHz以下 
出力;40W/リットル以下

 

 保管環境                                                    

製品を保管される場合、 直射日光を避け、出来るだけ常温常湿の室内に保管して下さい。

(望ましい保管条件は、5~35℃、40~85%RHです)

 長期保管の注意                                                

一般的な半導体の保管条件でも長期(2年以上)に保管した場合は、リード端子の ハンダ付け性が悪くなったり電気特性等が不良になる場合がありますので、長期保管した場合は、ハンダ付け性や電気特性等を十分ご確認の上ご使用ください。保管が長期に及ぶ場合は、窒素気中での保管をお勧めします。大気中で保管されますと、大気中の酸素により素子のリード部分が酸化され、リード端子のハンダ付け性が悪くなることも考えられます。

 

 取扱い及び廃棄における安全上の注意                                  

MSシリーズ半導体磁気抵抗素子は、砒化ガリウム(GaAs)を使用した製品です。
取り扱いや廃棄の方法について下記に示しますので、遵守をお願いします。

 (1)MSシリーズ半導体磁気抵抗素子の取り扱い
 GaAsの粉末や蒸気は危険です。本製品の焼却、破壊、切断、粉砕や化学的な分解を行わないでください。
 特に、加熱したり、酸・アルカリなどと反応させると、有害ガスが発生し、人体に危険ですので、

 その様な行為は絶対にやめてください。
 本製品を口に入れないでください。
 
 (2)MSシリーズ半導体磁気抵抗素子の廃棄方法
 貴社でMSシリーズ磁気抵抗素子を廃棄する場合は、関係法令及び貴社の定める処理基準に従って廃棄して下さい。 
  弊社製品で、GaAsが使用されているか不明な場合は、弊社までお問い合わせください。

 

Page Top