AK1291

IF Variable Gain Amplifier with RSSI

  • お問い合わせ
  • データシート

概要

AK1291は90MHz~300MHzの周波数領域において使用できるパワーデテクターを内蔵した可変ゲインアンプで
す。ゲイン制御はアナログ方式を採用しており、ゲイン特性はdBリニアとなります。ゲイン制御範囲は-9~+21dBで、
約30dBのダイナミックレンジを持ちます。入出力はシングル構成を取っており、入出力インピーダンスは50Ωです。
代表的な特性として周波数165MHz、最大ゲイン設定時にIMD3 70dBc (Pout=-15dBm時) NF:7dBになります。電源
電圧は4.75V~5.25Vで動作します。

特長

・動作周波数範囲 90MHz ~300MHz
・ゲイン可変範囲 -9dB ~ 21dB
・ノイズ指数 7dB @max gain
・IMD3 70dBc (出力パワー-15dBm)
・電源電圧 4.75V ~ 5.25V
・動作温度範囲 -40°C ~ +85°C
・パッケージ 24pin QFN0404

>> 続きを読む

ブロック図

Block Diagram

Page Top

top