AK2401

Direct Conversion Transceiver

  • お問い合わせ
  • データシート

概要

Two-way Radio ICs
AK2401は、高性能な狭帯域無線通信を実現するダイレクトコンバージョントランシーバICです。受信部は、LNA、直交復調器、PGA、24-bit ΔΣ ADC、デジタルフィルタを内蔵し、高感度で高い妨害波耐性を持つ受信機を実現します。帯域幅を可変できるデジタルフィルタは、複数の異なる無線システムのチャネル選択をサポートし、無線プラットフォームにおいて容易なシステム設計を可能とします。また、ΔΣフラクショナルN PLLシンセサイザを内蔵し、外部VCOと合わせて高性能なPLLを構成します。送信部は、DACとドライバアンプを内蔵しています。(7mmx7mm)の小型QFNパッケージを採用しており、無線機器の小型化を実現します。

特長

•    動作周波数 : 30MHz ~ 1200MHz
•    動作電圧: 2.7 ~ 3.3V (CPVDD,DACVDD : 2.7 ~ 5.5V)
•    温度範囲: -40 ~ +85ºC
•    LNA内蔵 : Gain 15dB, NF 1.2dB, IIP3 +7dBm
•    高線形性ダイレクトコンバージョン直交復調器内蔵
•    24-bit ΔΣ A/Dコンバータ内蔵 : 出力サンプリングレート ~150kHz (TCXO=19.2MHz使用時)
•    帯域可変型デジタルフィルタ内蔵 (任意に帯域を設定可能)
•    LNAおよびPGAを制御するAGC機能
•    Real-time DC Offset Canceller(RDOC)機能
•    RSSI機能 : SPIによる読み出し方式
•    18-bit ΔΣ フラクショナルN PLLシンセサイザ内蔵
•    周波数オフセット機能によるデジタル周波数変調(FM/FSK)
•    ファーストロック機能によるロックアップ時間の高速化
•    12-bit DAC内蔵: 最大サンプリング周波数 200kHz, S/N 72dB
•    送信用ドライバアンプ内蔵:-6 ~ +6dBm 出力
•    ローカル信号分周回路内蔵 (2分周以上推奨)
•    TCXO周波数:18.432MHz / 19.2MHz 推奨
•    パッケージ:52-pin QFN (7×7×0.85mm 0.4 mm pich)

アプリケーション
・狭帯域無線通信 : 6.25kHz / 7.5kHz / 12.5kHz / 15kHz / 20kHz / 25kHz /
                            50kHz / 100kHz / 150kHz / etc.
・変調方式:FM / 2FSK/ 4FSK / QPSK / pi/4 DQPSK / 16QAM / 64QAM
  (データ変復調は外部で行う必要があります。AK2401にはモデム機能は搭載していません。)
・アナログ/デジタル混載無線
・業務用デジタル無線
・公共/防災無線
・簡易無線
・船舶/移動体通信
・特定小電力/テレメータ通信
・アマチュア無線

>> 続きを読む

ブロック図

Block Diagram

Page Top

top