AK2559

2ch Cathode Common LDD with Digital APC

  • お問い合わせ
  • データシート

概要

AK2559は、MFPLBP向け2chカソードコモンLD (Laser Diode) ドライバです。

200MHz (Max.)の電流スイッチング機能と、LD電流を設定する電流DACLDの発光パワーを一定に保持するフィードバック方式のデジタルAPC (Auto Power Control) 機能を有しています。APC調整、デジタル演算によるバイアス電流の自動設定と光量補正、シェーディング補正の機能を内蔵回路で実現し、画質向上と共に、外付け部品削減とコスト低減を実現します。複数個のAK2559と、4ビーム以上のマルチビームLDを組み合せて使用することも出来ます。

特長

 ・ LDドライバ:     200MHzスイッチング 2ch カソードコモンLDドラ/イバ

バイアス電流:               9 bit 電流DACIDAC_BIAS

                                             VDD5.0V / ILD pin2.2V 最大出力電流=45mA (Typ.)

 ・ スイッチング電流:         9 bit 電流DACIDAC_SW

                                             VDD5.0V / ILD pin2.2V 最大出力電流=90mA (Typ.)

 ・ APC                               フィードバック式デジタルAPCAPC_FB 

モニタPD電流入力:       2ビームLD対応

                                             4ビーム以上のマルチビームLD対応(カスケード接続)

APC調整回路内蔵

バイアス電流自動設定(BIAS_APC

光量補正

シェーディング補正

LDドライバ出力 過電流検出

スタートアップ動作:     外付けEEPROMデータの読み出しと動作設定

                                             初期APC実行

電源電圧:                        5V ±5% 単一電源動作

パッケージ:                    48 pin QFN(放熱パッド付)

>> 続きを読む

ブロック図

Block Diagram

Page Top

top