AK4270VQ

FM-VICS Tuner with Splitter

  • お問い合わせ

概要

AK4270はスプリッタを内蔵したFMチューナーICです。このデバイスは、アンテナからのRF信号を2つのポートに分配し、そのうちの1ポートを外部に出力します。もう一方のポートは内蔵のFMチューナーに接続し、コンポジット信号を出力します。スプリッタは、強入力に対しても対応可能です。出力ポート間のアイソレーションは30dBで、LOリーク等による影響が少なくなっています。FMチューナーは、ミキサ、発振回路、PLLシンセサイザ、IFフィルタを内蔵しているので、従来に比べ、少ない外付け部品で構成することが可能です。外部機器のEMIによる影響を軽減するため、LO周波数のUPPER/LOWERを選択することが可能です。また、放送局の有無判定用にIFカウンタ回路や受信電波強度を示すSメータ回路を内蔵しています。もう一つのFM チューナーと組み合わせることで、FM-VICS機能をもつカーナビゲーションシステムを容易に構成することが可能です。

特長

■ スプリッタ内蔵

    - 75Ω入出力

    - 強入力対応(P1dB: 118dBμV)

    - アイソレーション: 30dB

■ FMチューナー

    - 対応周波数: 76MHz~108MHz

    - コンポジット出力

    - FM復調回路内蔵

    - PLLシンセサイザ内蔵

    - 発振回路内蔵(発振周波数: 37MHz)

    - IFフィルタ内蔵

    - S-Meter回路内蔵

    - IF counter回路内蔵

    - LO周波数のUPPER/LOWER選択可

■ μPインタフェース: I2Cバス (Ver 1.0, 400kHzモード)

■ 電源電圧:

    - Analog: 4.5 ~ 5.5V

    - Digital: 3.0 ~ 3.6V

■ 消費電流:

    - Analog: 60mA(typ)

    - Digital: 0.6mA(typ)

■ 動作温度: Ta = -40 ~ 85℃

■ パッケージ: 48LQFP

>> 続きを読む

ブロック図

Block Diagram

Page Top

top