AK5357ET

102dB 96kHz 24-Bit Enhanced Dual Bit ADC

  • お問い合わせ
  • Digi-Key
  • 評価ボードマニュアル
  • データシート

概要

AK5357はマルチメディアオーディオシステムに最適な4kHz ~ 96kHzサンプリング周波数対応のステレオA/Dコンバータです。AK5357はエンハンスト・デュアルビットDelta Sigma技術を用いており、高精度かつ低コストを実現しています。また、AK5357はシングルエンド入力のため、入力部に外部素子を必要としません。2種類のオーディオインタフェース(前詰め、I2S)に対応しており、カラオケやサラウンドのような多くのシステムに対応します。AK5357は超小型16pin TSSOPパッケージにて実装され、基板スペースを削減します。

特長

• ステレオ Delta Sigma ADC

• アンチ・エイリアシング ディジタルフィルタ内蔵

• シングルエンド入力

• DCオフセットキャンセル用ディジタルHPF内蔵

• S/(N+D): 88dB@5V, 86dB@3V(48kHz)

• DR: 102dB@5V, 100dB@3V(48kHz)

• S/N: 102dB@5V, 100dB@3V(48kHz)

• サンプリング周波数: 4kHz ~ 96kHz

• マスタクロック:

256fs/384fs/512fs/768fs (4kHz ~ 48kHz)

256fs/384fs (48kHz ~ 96kHz)

• 入力レベル: TTL/CMOS

• マスター/スレーブモード

• オーディオインタフェース: 24bit 前詰め/I2S

• 電源電圧: 2.7  5.5V

• Ta = -20 ~ 85°C (ET), -40 ~ 85°C (VT), -40 ~ 105°C (KT)

• 小型パッケージ: 16pin TSSOP

• AK5381ピン互換

>> 続きを読む

ブロック図

Block Diagram

Page Top

top