AK5388AEQ

120dB 192kHz 24-Bit 4ch ADC

  • お問い合わせ
  • Digi-Key
  • 評価ボードマニュアル
  • データシート

概要

AK5388Aはハイエンドオーディオシステムに最適な8kHz ~ 216kHzサンプリング周波数対応の24bit 4チャンネルA/Dコンバータです。AKMオリジナルのエンハンスト・デュアルビット方式を採用しており高精度かつ低コストを実現しています。120dBのダイナミックレンジと110dBの S/(N+D)を実現し、モノラルモードでは123dBのダイナミックレンジに対応します。FIR方式を改良したディジタルフィルタはグループディレイを短縮し、すばらしい応答をもちます。AK5388Aは44pin LQFPに実装され、レコーディング、エフェクト処理、ステージ音響機器、サウンドカードなどのプロフェッショナル・オーディオ機器やハイエンドのAVレシーバに最適です。

特長

• サンプリングレート: 8kHz ~ 216kHz

• 完全差動入力

• S/(N+D): 110dB

• DR, S/N: 120dB(Mono Mode: 123dB)

• Short Delay Digital Filter (GD=12.6/fs)

通過域: 0~21.648kHz (@fs=48kHz)

通過域リップル: 0.01dB

阻止域減衰量: 80dB

• ディジタルHPF内蔵

• 電源電圧: 4.75 ~ 5.25V(アナログ), 3.0 ~ 3.6V(ディジタル)

• 出力フォーマット: 24bit 前詰め, I2S or TDM

• カスケードTDM I/F: 8ch/48kHz, 4ch/96kHz, 4ch/192kHz

• マスタ& スレーブ モード

• オーバフローフラグ

• 消費電力: 575mW (@fs=48kHz)

• パッケージ: 44ピン LQFP

>> 続きを読む

ブロック図

Block Diagram

Page Top

top