AK5702VN

Low Power 4ch ADC with ALC, MIC-Amp & PLL

  • お問い合わせ
  • 評価ボードマニュアル
  • データシート

概要

AK5702はマルチチャネル録音用に開発された4チャネル A/Dコンバータです。AK5702は、マイクアンプおよびALC(Auto Level Control)回路を内蔵していますので、マイクアレイアプリケーションに最適です。PLLを内蔵し、TDMオーディオフォーマットに対応しており、DSPとの接続が容易です。AK5702はステレオ版AK5701とソフト互換性があります。

特長

1. 録音機能

- 4チャネルADC

- 3:1入力セレクタ

- 差動入力 or シングルエンド入力

- マイク用ゲインアンプ内蔵 (+36dB/+30dB/+15dB or 0dB)

- 入力レベル: 1.8Vpp@AVDD=3.0V (= 0.6 x AVDD)

- ADC特性:

S/(N+D): 83dB, DR, S/N: 89dB@MGAIN=0dB

S/(N+D): 83dB, DR, S/N: 87dB@MGAIN=+15dB

- オフセットキャンセル用HPF内蔵 (fc=3.4Hz@fs=44.1kHz)

- Digital ALC (Automatic Level Control) 回路内蔵

- Input Digital Volume (+36dB ~-54dB, 0.375dB Step, Mute)

2. サンプリング周波数:

- PLL Slave Mode (LRCK pin): 7.35kHz ~ 48kHz

- PLL Slave Mode (BCLK pin): 7.35kHz ~ 48kHz

- PLL Slave Mode (MCKI pin):

8kHz, 11.025kHz, 12kHz, 16kHz, 22.05kHz, 24kHz, 32kHz, 44.1kHz, 48kHz

- PLL Master Mode:

8kHz, 11.025kHz, 12kHz, 16kHz, 22.05kHz, 24kHz, 32kHz, 44.1kHz, 48kHz

- EXT Master/Slave Mode:

7.35kHz ~ 48kHz (256fs), 7.35kHz ~ 26kHz (512fs),

7.35kHz ~ 13kHz (1024fs)

3. PLL入力周波数:

- MCKI pin:

27MHz, 26MHz, 24MHz, 19.2MHz, 13.5MHz, 13MHz, 12.288MHz, 12MHz,

11.2896MHz

- LRCK pin: 1fs

- BCLK pin: 32fs/64fs

4. マスタ/スレーブモード

5. オーディオインタフェースフォーマット: MSB First, 2’s compliment

- DSP Mode, 16bit前詰め, I2S

- カスケードTDMインタフェース

6. µPインタフェース: 3線シリアル/ I2Cバス (Ver 1.0, 400kHzモード)

7. 電源電圧:

- AVDD: 2.4 ~ 3.6V

- DVDD: 1.6 ~ 3.6V (Stereo Mode)

2.0 ~ 3.6V (TDM128 Mode, 16bit x 8ch)

2.7 ~ 3.6V (TDM256 Mode, 32bit x 8ch)

8. 消費電流: 13mA (EXT Slave Mode)

9. Ta = -30 ~ 85°C

10. パッケージ : 32pin QFN (5mm x 5mm)

11. AK5701 ソフト互換

>> 続きを読む

ブロック図

Block Diagram

Page Top

top