AK7742EQ

Floating Point Audio DSP with 24bit 2ch ADC and 24bit 4ch DAC

  • お問い合わせ
  • Digi-Key
  • 評価ボードマニュアル
  • データシート

概要

AK7742は4chの24ビットDACと入力セレクタ付き24ビットステレオADCを搭載したデジタルシグナルプロセッサーです。内蔵される4chのDACは106dB、2chのADCは96dBのダイナミックレンジを持ちます。オーディオDSPは1536step/fs (48kHzサンプリング時)の並列演算能力を持ち、また74k-bitの遅延用RAMはサラウンド処理や様々な音響効果の再現、パラメトリックイコライザを実現させます。RAMベースDSPのため、ユーザーの要望に合わせて様々な組み合わせのプログラミングが可能です。小型の48pin LQFPパッケージに実装され、基盤スペースを削減します。

特長

■ DSP部

    - データ幅: 24bit (24bit浮動小数点対応)

    - 最速マシンサイクル: 13.6 ns (1536step/fs, fs=48kHz; 9216step/fs, fs=8kHz)

    - 乗算器: 16 x 20 → 36bit (倍精度演算可)

    - 除算器: 20 / 20 → 20bit

    - ALU: 40bit算術演算 (overflow margin 4bit), 20bit浮動小数点算術・論理演算

    - プログラムRAM: 1536 x 36bit

    - 係数 RAM: 1536 x 16bit

    - データRAM: 1536 x 24bit (24bit浮動小数点対応)

    - 遅延用内蔵RAM: 74k-bit (3072 x 24bit )

    - サンプリング周波数: 8kHz ~ 96kHz

    - マスタ/スレーブ 動作

    - デジタル信号入力ポート(4ch): 前詰24bit/後詰24, 20, 16bit及びI2Sフォーマット対応

    - デジタル信号出力ポート(6ch): 前詰24bit/後詰24, 16bit及びI2Sフォーマット対応

■ ADC: 2ch(ステレオ)

    - 24bit 64 x Over-sampling delta sigma (fs=8kHz~48kHz対応)

    - DR, S/N: 96dB (fs=48kHz, 差動入力使用の場合)

    - S/(N+D): 84dB (fs=48kHz)

    - 差動、シングルエンド入力

    - デジタルHPF (fc=1Hz)

    - 3系統アナログ入力セレクタ

    - デジタルボリューム内蔵(24dB~-103dB,0.5dB Step, Mute)

■ DAC: 4ch(ステレオ2組)

    - 24bit 128 x Over-sampling advanced multi-bit (fs=8kHz~96kHz対応)

    - DR, S/N: 106dB

    - S/(N+D): 92dB

    - 差動出力

    - デジタルボリューム内蔵(12dB~-115dB, 0.5dB Step, Mute)

■ DSPスルーモード

■ I2Cインタフェース

■ 電源電圧: +3.3V ± 0.3V, 内部動作用レギュレータ内蔵

■ 動作温度範囲: -20°C~70°C

■ パッケージ: 48pin LQFP, 0.5mm pitch

>> 続きを読む

ブロック図

Block Diagram

Page Top

top