AK93C55CT

Microwire(TM) bus 2Kbit Serial CMOS EEPROM

  • お問い合わせ
  • Digi-Key
  • データシート

概要

AK93C55Cは、128ワード×16ビット構成の、2048ビット、不揮発性メモリです。それぞれのワードごとに、読み出し、書き込みの操作ができます。

これらの操作はREAD,WRITE,PAGE WRITE,EWEN,EWDS,WRALの命令を入力することにより実行されます。

AK93C55Cは単一電源で動作し、書き込みに必要な高電圧は、デバイス内部で発生させています。

AK93C55CのシリアルインタフェースはシリアルクロックSKに同期しています。AK93C55Cに入力されるデータはシリアルクロックSKの立ち上がり

エッジでDIピンから取り込まれ、AK93C55Cから出力されるデータはシリアルクロックSKの立ち上がりエッジに同期してDOピンから出力されます。

DOピンは、通常ハイ・インピーダンス状態にあります。DOピンが、"L"又は"H"を出力するのは、DOピンがデータを出力する時とWRITE,PAGE WRITE,

WRAL命令実行後にEEPROMのBusyB/Readyのステータスを出力する時です。

特長

□ 1.5V~5.5V(READ動作)1.6V~5.5V(WRITE動作/WRAL動作/PAGE WRITE動作)

□ 2048bit 128ワード×16ビット構成

□ シリアルインタフェース

           1.0MHz(VCC=1.5~2.5V),4.0MHz(VCC=2.5~5.5V)

□ 低消費電力

      動作時 0.1 mA max. (VCC=1.5V, READ時)

      待機時 0.8 μA max.

□ 書き換え回数:100万回/アドレス

□ データ保持 :10年

□ 読み出し動作時のアドレスオートインクリメント機能

□ 自動 消去/書き込みサイクル

□ BusyB/Ready信号出力機能

□ 誤書き込み防止機能

    ソフトウェアによる誤書き込み防止機能(EWEN/EWDS命令)

    電源立ち上げ時は書き込み禁止状態

    端子制御による誤書き込み防止機能(PEピン)

□ パッケージ:8 ピンTMSOP

>> 続きを読む

ブロック図

Block Diagram

Page Top

top