AP1029ADR

  • お問い合わせ
  • データシート

概要

モータードライバー
AP1029ADRは、入力電圧が変動しても一定のモータートルクを維持することが可能な1ch Hブリッジ小型モータードライバーです。
モーター動作電圧が5.5Vから32Vと広く、4.5V出力のレギュレーターを内蔵しており、単一電源での駆動が可能なため幅広いセットに対応可能です。
異常検出出力端子を内蔵するとともに、保護機能として低電圧検出回路、過熱保護回路、過電流保護回路を内蔵しておりセットの信頼性を高めます。
同機能を持つAP1029ADNから、動作温度範囲を-40℃~105℃まで拡張した製品です。

  • 安定したモータートルク駆動
    PWM信号を自動生成し、デューティを電源電圧に応じて自動調整するので外部レギュレーターなしでもモータートルクを一定に保つことができます。

  • スタートアップ選択機能
    起動時の駆動方法をソフトスタート(デューティ0%)または高速スタート(デューティ100%)から選択可能です。

  • 小型パッケージ
    パッケージは3mm×3mmの16ピン QFNを採用しており、セットの小型化に貢献します。

特長

AP1029ADR
AP1029ADR

DCブラシモータードライバー
製品名 AP1029ADR
動作温度範囲[°C]-40 to 105℃
モータードライバー動作電圧範囲(単一電源)[V]5.5V ~ 32V
最大出力電流(DC)[A]1.2A @ Ta=25°C
H-Bridgeオン抵抗[Ω]1.0Ω @ Ta=25°C
駆動モード(2入力制御、PWM制御も可能) [°C]正転・逆転・ブレーキ・スタンバイ
出力電圧制御機能の切替可能
入力信号制御、外部リファレンス電圧制御
スタートアップ選択機能内蔵

異常検出出力端子内蔵(FLG端子)

低電圧検出回路内蔵(UVLO)[V]4.5V(typ)
過熱保護回路内蔵(TSD)[°C]175℃(typ)
過電流保護回路内蔵(OCP)[A]1.5A(min)
パッケージ
16-pin QFN (3mm×3mm)
サイズ (D/W/H)[mm]3.00mm / 3.00mm / 0.70mm
ステータス[mm]2017年2月 販売開始

>> 続きを読む

ブロック図

Block Diagram

Page Top

top