AP2036

LED Driver for Brake Lamp (Rear Combination Lamp)

  • お問い合わせ
  • データシート

概要

AP2036は、車載リアコンビネーションランプ(RCL)用の2チャネルLED駆動用ICです。内蔵パワーMOS-FETで構成する電流モード型昇圧DC-DCコンバーターと、ハイサイド型定電流回路により、LED-VF合計が最大40VまでのLED灯数を駆動可能です。また、LED-VFに発光輝度が依存しない為、VF選別した高価なLEDを不要とします。

AP2036は、昇圧DC-DCコンバーターを採用することで省電力を実現し、バッテリー電圧変動時のLED輝度安定も実現します。加えて、LEDをハイサイド定電流駆動することで、粉塵等の影響で周辺GND電位と短絡した時の過電流保護も、容易にします。このハイサイド定電流駆動の採用は、LED陰極をGND接続する構成になる為、LED周辺の配線簡略化、LED発熱の放熱効果に有効です。

更にAP2036は、LED駆動電流をストップ時/テール時で独立に設定が可能で、多品種のRCLに共通のICを使用する際に便利です。

AP2036はIC自体を守る目的からも各種保護回路を備えており、異常時の発火/発煙を防止します。

特長

□ 電源電圧範囲 6V~36V (絶対最大定格47V)

□ 最大LED電流 150 mA (2チャネル合計) 

□ LED電流精度 ±5%

□昇圧スイッチング周波数 2MHz(固定)

□ 充実した保護機能

     -過熱保護 (LED電流をICが異常高温時に減少させる機能と二重保護)

     -過電流保護 (昇圧DC-DCコンバーターのコイル、パワーMOS-FET) 

     -過電圧保護 (OVP:43Vで過昇圧を検出)

     -VIN端子UVLO保護

     -VOUT端子GNDショート保護

     -内蔵LDO出力端子GNDショート保護

     -LED端子オープン保護

     -LED端子GNDショート保護

     -ISET端子GNDショート保護

□LED電流自動軽減機能(温度過剰上昇時に軽減)

□パッケージ HTSSOP-16(ヒートシンク付き)

>> 続きを読む

ブロック図

Block Diagram

Page Top

top