CO2センサー

地球温暖化を抑えることが急務となっている現在、冷暖房といった空調の効率向上に対するニーズが高まっています。高層のオフィスビルや密閉度の高い住居の空調制御において、外部の空気をどれだけ取り入れるかによりその冷暖房効率は大きく変わります。室内環境のCO2濃度 (*1) を空気質の基準として測定し空調の換気システムの動作を最適化することが、快適な室内環境と空調の省エネ化を実現します。

AKMの 赤外線センサー (IRセンサー) は、CO2の赤外線吸収スペクトル帯域だけを選択通過させる光学フィルターを搭載しています。これにより非分散型光学式 (NDIR: Non Dispersive Infrared) CO2センサーを容易に構成することができます。 本製品は高感度・高速応答、小型パッケージを特長とし、CO2センサーの小型化・低消費電力に貢献します。

AKMのIRセンサーを搭載したCO2センサーは空調システムの高効率化と快適環境(*1)の実現に貢献します。
一方で、今後、カーエアコンにはフロン (*2) に代わる温室効果がきわめて低いCO2冷媒への移行が予定されていますが、その冷媒漏れ検出 (*3) 用途にも最適です。
また、AKMのIRセンサーは炎から発する赤外線を検出することにより炎検知器にも使用できます。

[Notes]
*1 新鮮な空気のCO2濃度は400ppm。それが2,000ppmを超えると眠気や頭痛、倦怠感といった悪影響をもたらすことがあります。
*2 フロンはオゾン破壊するだけでなくCO2に比べ数百~1万倍もの地球温暖化係数 (GWP : Global Warming Potential) を持っています。EUでは地球温暖化係数が150を超える車載用のエアコンの冷媒の使用を2017年から全面禁止。ドイツ自動車工業会は2017年以降CO2冷媒を使用することを決めています。
*3 CO2冷媒を使用するエアコンのコンプレッサーはフロンの約10倍、100気圧の高圧で動作します。エアコンの室内機から車内への冷媒漏れも検出します。

ラインアップ

ラインアップ

赤外線LED素子

NEW AK9700AE
NDIR方式CO2センサーの光源に最適、赤外線LED素子

AK9700AE は、CO2の赤外線吸収帯域にピーク発光波長をもつ赤外線発光素子 (IR-LED) です。
従来のNDIR方式のCO2センサーに使われてきたWフィラメント電球に比べ高速の発光制御が可能で、高速応答可能なAKMの赤外線受光素子 AK9710AE と組み合わせることで CO2センサーの消費電流を画期的に下げることが可能になります。さらに温度補正用受光素子も内蔵しており、発光量をモニターすることで高精度センシングを実現します。パッケージは小型の表面実装タイプのためセンサーの小型化に有効です。また、電球に比べて格段に長寿命であるため、信頼性の高いセンサーが実現できます。
本製品には車載対応品 (AK9700AD) も予定されています。

● 高出力赤外線LED
● 高速駆動

100kHz以上で高速駆動可能

● 高信頼性

プラスチックモールドパッケージで高い耐振動性を実現

● 小型プラスチックパッケージ

SMDタイプ (2.6mm x 1.9mm x 0.4mm)

AK9700AE
AK9700AE

製品の特長

AK9700AE
AK9700AE
AlInSb量子型
IR発光ダイオード
製品名 AK9700AE AK9700AD (AEC-Q101 準拠)
ピーク発光波長 (μm)4.3
スペクトル半値幅 (μm)1.0
使用温度範囲 (°C)-40 ~ 85-40 ~ 90
サイズ (D/W/H) (mm)
3 x 3 x 1.01
ステータス2018年1月量産開始予定
2019年4月量産開始予定

LEDドライバー内蔵AFEIC

NEW AK9721AE
NDIR方式ガスセンサーに最適、LEDドライバー内蔵AFEIC

AK9721AE は、NDIR方式ガスセンサー用途において、AKMの赤外線発光・受光素子と外部MCUを組み合わせてガスセンサー信号処理のソリューションを提供します。
発光素子 (IR-LED) ドライバーはプログラマブル定電流回路になっており、ガスセンサーの光路長に合わせた最適制御が可能です。受光素子 (IRセンサー) の信号はプログラマブルゲインアンプで増幅後、24bit分解能でAD変換されます。各設定は外部MCUからI2Cバス経由で行われます。
既に量産中の AK9710AE に加えて今回販売を開始する AK9700AE、AK9721AE を用いることでNDIR方式のCO2センサーを容易に構成することができます。
本製品には車載対応品 (AK9723AD) も予定されています。

● 発光LEDの定電流駆動条件及びAFEのゲインをプログラマブルに変更可能
● 低消費電流

Typ. 8.1μA (Integration time:100μs, Measurement time: 149ms)

● 小型プラスチックパッケージ

QFNタイプ (3.0mm x 3.0mm x 0.7mm)

AK9721AE
AK9721AE

製品の特長

AK9721AE
AK9721AE
LEDドライバー内蔵
IRセンサーアナログフロントエンド (AFE)
製品名 AK9721AE AK9723AD (AEC-Q101 準拠)
LED Drive Current (mA)28 - 121 Programmable (3mA Step)
ADC 分解能 (bit)24
Power Supply (V)2.7 - 3.6
使用温度範囲 (°C)-40 ~ 85-40 ~ 90
サイズ (D/W/H) (mm)
3.0 x 3.0 x 0.7
ステータス2018年1月量産開始予定
2019年4月量産開始予定

光学式フィルター搭載
赤外線センサー素子

NEW AK9710AE
CO2センサーに最適、光学式フィルター搭載赤外線センサー素子

CO2は特定波長の赤外線を吸収します。AK9710 は、IRセンサーにCO2の吸収帯域に通過帯域を持つ光学フィルターを搭載しています。これにより外部に赤外線光源を用意すれば、非分散型光学式 (NDIR: Non Dispersive Infrared) のCO2センサーを容易に構成することができます。
CO2センサーは高層オフィスビルや断熱性の高い高気密住宅などで快適な室内環境の実現と空調の省エネ化に貢献します。また、住宅と同様に自動車の空調の動作を最適化することにより、エンジンやモータへの負荷を減らし燃費改善に貢献します。さらには、今後CO2冷媒に置き換わることが予定されている自動車の空調の冷媒漏れ検知センサーとしても応用できます。
本製品の車載向け AK9710AD (AEC-Q101準拠) は2017年8月に量産予定です。

● 高感度、高速応答

NDIR方式のガスセンサーでは従来サーモパイルが使われていますが、AK9710 はサーモパイルに比べ約3倍の感度、1,000倍以上の高速応答性を持ちます。

● 赤外線吸収帯通過 光学フィルター搭載

CO2は赤外線領域に吸収スペクトルを持っており、本製品はその帯域の赤外線だけを通過させる光学フィルター搭載しています。フィルターを搭載することで使いやすい構成となっています。

● 小型プラスチックパッケージ

SMDタイプ (3mm x 3mm x 1.01mm)

AK9710AE
AK9710AE

製品の特長

AK9710
AK9710
光学フィルター搭載
InSb量子型IRセンサー
製品名 AK9710AE AK9710AD (AEC-Q101 準拠)
出力電流 Ip (nA)1.04 ~ 4.9
内部抵抗 (kΩ) 75 ~ 188
光学フィルター帯域 (μm)CWL : 4.28,  FWHM : 0.27
使用温度範囲 (°C)-40 ~ 85-40 ~ 90
サイズ (D/W/H) (mm)
3 x 3 x 1.01
AEC-Q101-準拠
ステータス販売中
2017年8月量産開始

超小型・高感度の
赤外線センサー素子

IR1011
超小型・高感度の赤外線センサー素子

常温で動作することを特徴とした超小型、表面実装対応の量子型赤外線センサー素子です。
AKMのホール素子製造技術をベースに作られたInSb薄膜フォトダイオードで、高感度・高速応答性・直流出力等の量子型赤外線センサーの特徴はそのままに、無バイアスで赤外線を検知できます。

IR1011
IR1011

技術情報

技術情報

CO2センサー用IR-LED

AK9700AE

● 高出力赤外線LED

図はLED出力を比較したものです。

設計支援

設計支援

ドキュメントダウンロード
(データシート・プロダクトブリーフ)

各製品をご利用いただくにあたり、データシートをご用意しています。

AK9700AE

AK9721AE

AK9710AE

IR1011

FAQ

用途

用途

CO2センサー

空調システム、カーエアコン

ガスセンサー

計測機器

関連コンテンツ

Page Top

top