VELVET SOUND Sound Philosophy

サウンドフィロソフィー
原音重視
Real Live Sound

AKM 新世代 A/Dコンバーター

「余すことなく全てを表現する」
それが VELVET SOUND サウンドフィロソフィーです
原音に込められたすべての音を余すことなく再現し
あたかもライブで聴いているかのような生きた空間を提供します

AKM A/Dコンバーターの歴史
1987年からの製品実績

AKMは、1987年に初代デルタシグマ(Δ∑)型 A/Dコンバーター(ADC)を販売開始しました。1992年には世界トップレベルの5次Δ∑ADCをリリースして注目を浴びました。1996年にはADCの性能を最大限に引き出す「2-2カスケード技術」を導入、その後もマルチビット化、AKM独自のバイディレクショナル DWA(Data Weighted Average)、低消費電力化技術などを次々と開発し、常に世界最高レベルのADCを提供してきました。また、初代16ビットのオーディオADCを皮切りに、18bit、24bit、32bitと業界に先駆けて高分解能化を進め、サンプリング周波数も48kHzから最大768kHzに拡張し、業界の最先端をリードしてきました。
2014年に 新世代アーキテクチャー VELVET SOUND ブランドを発表、その最初の製品として世界最高水準のS/N 127dBを誇るフラグシップ VERITA AK5397 をリリースしました。2016年には、マルチチャネルシリーズ ハイエンドプレミアムADC AK557X シリーズ4製品と、プレミアムADC AK555X シリーズ4製品を追加し、合計9製品の32-bitプレミアムADCのラインアップが完成しました。
AKMはこれら長年の実績と先進的なソリューション提供により、プロフェッショナルからコンシューマーまで幅広い用途で全世界のカスタマーから高い評価を受け続けています。

AKM ADCの歴史

サウンドフィロソフィー
原音録音

録音の本質は、”その場の音を余すところなく記録する”ことです。そのためにAKMは、「アナログに究極まで近づける=録音した音と感じさせない」ことをデバイスで実現することをめざしています。
”リアルライブサウンド”再生のためには原音録音された素材が必須であり、AKMの新世代A/Dコンバーターは、「原音録音」を実現する理想的なデバイスです。

アナログに究極まで近づける=録音した音と感じさせない

Architecture

アーキテクチャ
「情報量と力強さ」を追求し
実現するための設計思想

AKM 新世代 A/Dコンバーター

VELVET SOUND …
それは新世代オーディオデバイスのアーキテクチャです
数値では計り知れない人間の感性を
追求して構築した音作りのための理論
設計思想は理論に基づいています

「情報量と力強さ」を追求
実現するための設計思想

基本音と倍音との構成、音圧、時間的変化、微小な信号成分の存在、高音と低音の減衰量の違いなど、音を感じる要素を全て表現することを基本思想とし、新たなVELVET SOUNDアーキテクチャを構築しました。


より繊細な音を表現
徹底したノイズ対策

VELVET SOUNDアーキテクチャは、高分解能32bit処理に加えノイズ耐性の高い設計を行うことで繊細な音の表現を可能にしています。デジタル回路やスイッチング回路などの動作に起因したノイズの大幅削減に加え、あらゆる角度からノイズ混入経路を検証し徹底してノイズ対策を行いました。また、シグナルパスラインそのものだけでなく、シグナルのリファレンス、時間情報を決定づけるクロックなど、デバイスの中でシグナルになるものは徹底的にノイズ源から分離しています。さらに、可聴域を超えたシステムノイズレベルも従来品に対し40dB以上低減し、変調ノイズからシグナルを保護しています。


「感じる音」を求めて
可聴域を超えた音までを表現

一般的に人の可聴域は20Hz~20kHzといわれていますが、新世代製品ではその10倍に相当する約200kHzの信号帯域を確保し、可聴域を超えた「感じる音」の表現を可能にしました。

VELVET SOUND Core Technology

コアテクノロジー
「感じるサウンド」を表現する
数々のテクノロジー

AKM 新世代 A/Dコンバーター

VELVET SOUND …
それは新世代オーディオデバイスのコアテクノロジーです
「ローディストーション・テクノロジー」
「スプリアスフリー・テクノロジー」…
数値を超えた「感じるサウンド」を実現するためのテクノロジーです

「歪がない」
ローディストーション・テクノロジー

AKMの卓越したアナログ回路技術であるローディスト―ション・テクノロジーは、さらに進化しました。ADCの特性を決定づけるアナログ入力サンプリング回路において、スイッチングにより発生する信号依存の不要電荷放出を極限まで抑制することにより THD+N -112dB を実現しました。


「雑味がない」
スプリアスフリー・テクノロジー

AKMの低消費電力技術とローディスト―ション・テクノロジーにより、広いダイナミックレンジ 121dB(単チャネル)~130dB(チャネル加算時)に加えて、世界最小*の相互変調歪み特性 116dB を実現しました。実際の音に含まれる複数の周波数成分の干渉によるスプリアストーン発生を抑えた「雑味のない」スプリアスフリーダイナミックレンジを提供します。     * 2016年7月時点 当社調べ


VELVET SOUND Key Features

キーフィーチャー
ハイレゾリューション音源に対応
先進の768k / 11.2M

AKM 新世代 A/Dコンバーター

VELVET SOUND …
それは新世代オーディオデバイスのキーフィーチャーです
ハイレゾリューションオーディオ時代にふさわしい
先進で余裕のスペックを装備しています

「究極のアナログ、自然な音」
ハイレゾリューション音源に対応

新世代A/Dコンバーターは、「究極のアナログ、自然な音」をめざし 32bitの分解能を採用、PCM最大768kHz、DSD最大11.2MHzのデジタル録音をサポート。ハイレゾリューション音源への対応では業界最先端をリードしています。


サウンドカラーデジタルフィルター
Sound Color Digital Filter(SCDF)

時間領域の信号に注目し、過渡応答波形によって音を制御する32ビット8倍デジタルフィルタを内蔵しました。PCMモード時には4種類のデジタルフィルタを設定でき、フィルターを切り替えることで多様な音質での音楽録音が可能です。

Sound Color Digital Filter




Premium A/D Converters


プロダクトポートフォリオ

Product Portfolio -Premium ADCs -

* Bubble Size = "Sound Quality"


Premium ADCs


フラグシップ ステレオADCは、世界最高水準のS/N 127dBを誇る VERITA AK5397 をリリースしました。
マルチチャネルシリーズでは、ハイエンドプレミアムADC AK557X シリーズ4製品、プレミアムADC AK555X シリーズ4製品を追加し、合計9製品の32-bitプレミアムADCのラインアップが完成しました。
充実のラインアップは、ハイエンドからミッドレンジのオーディオシステムまで幅広いアプリケーションをカバーします。




VELVET SOUND AKM Pursues Real Live Sound with both Roomy Sound & Sound Dynamics