VELVET SOUND Sound Philosophy

サウンドフィロソフィー
原音重視
Real Live Sound

「余すことなく全てを表現する」
それが VELVET SOUND サウンドフィロソフィーです
原音に込められたすべての音を余すことなく再現し
あたかもライブで聴いているかのような生きた空間を提供します

AKM D/Aコンバーターの歴史
1989年からの製品実績

AKMは、1989年にデルタシグマ (Δ∑) 型 D/Aコンバーター (DAC) を販売開始しました。1998年には、バイディレクショナルDWA (Data Weighted Average) をベースにしたアドバンストマルチビット方式のプレミアムオーディオ用第1世代DACを開発。2007年には初めて32-bit化した第2世代プレミアムDACをリリースしました。
2014年に 新世代アーキテクチャー VELVET SOUND ブランドを発表。低歪技術をブラッシュアップし、SN 120dBクラスのDACでは世界最高水準のTHD+N -112dB を達成した第3世代プレミアムDAC VERITA AK4490 をリリースしました。その後、マルチチャネルプレミアムDAC AK445X シリーズ4製品を追加し、2016年には歴代最高の音質・特性を備える新フラグシップ AK4497 をリリースし、第3世代32-bitプレミアムDAC 7製品のラインアップが完成しました。
AK4497 はハイレゾ次世代仕様のDSD 22.4MHzに対応し、自社開発の高音質LSIプロセスの採用などにより SN 128dB、THD+N -116dB のスペックを誇ります。
AKMはこれら長年の実績と先進的なソリューション提供により、プロフェッショナルからコンシューマーオーディオまで幅広い用途で全世界のカスタマーから高い評価を受け続けています。

AKM DAC ヒストリー

サウンドフィロソフィー
原音重視|Real Live Sound

人間の耳は一般的なオーディオ計測器による測定に表れない微小な音の違いを聞き分けることができます。この点に着目し、AKMは他社に先駆けて高分解能32-bit製品群を開発し、より高い解像度を実現するオーディオデバイスを提供してきました。そして、今回の新世代デバイスでは、人間の可聴域を超えた「感じる音」を表現するためにアーキテクチャを再構築し、より一層「真の音」に近づけることに挑戦しました。ライブでしか感じることのできない迫力ある空間、アーティストのわずかな吐息、楽器に触れる音、それらを余すことなく再現するために『情報量と力強さ』を追求しています。
すべては”リアルライブサウンド”再生のために。AKMの新世代D/Aコンバーターは、「原音再生」を実現する理想的なデバイスです。

デバイスに音楽性を求めて
AKMのサウンドボード

AKMは、完成したコンポーネントレベルに近い状態で再生音の評価が可能な高品位サウンドボードを提供しています。特に、D/Aコンバーター (DAC) の評価ボードは、外部からデジタル入力と電源、簡単な制御信号を加えればアナログ信号が得られ、実質的にコンポーネントのDACとして働くように設計されています。最新のサウンドボードは、AKMの究極のテーマである“音楽性”と“豊かな感性”を盛り込むため基板の素材や色彩、各種構成パーツや配線パターンの細部までこだわり、社内評価やカスタマー試聴結果をもとに基板パターンを書き直す作業を繰り返し完成しました。

オリジナル音源制作
最新デバイスのサウンドを検証

AKMの本社ビル内部には本格的なオーディオ専用試聴室が設けられています。再生装置は先進的なサウンドに定評があるスピーカーシステムを中心に構成されたシステムで、ここで当社オーディオマイスターがテストチップの音質評価を繰り返し、その結果が回路設計にフィードバックされます。試聴用音源はAKM独自にスタジオ録音を行い、リファレンスとなる「原音」(生演奏)と様々なデジタルフォーマットの再生音の比較聴感テストを実施しています。

VELVET SOUND Architecture

アーキテクチャ
「情報量と力強さ」を追求し
実現するための設計思想

VELVET SOUND …
それは新世代オーディオデバイスのアーキテクチャです
数値では計り知れない人間の感性を
追求して構築した音作りのための理論
設計思想は理論に基づいています

「情報量と力強さ」を追求
実現するための設計思想

基本音と倍音との構成、音圧、時間的変化、微小な信号成分の存在、高音と低音の減衰量の違いなど、音を感じる要素を全て表現することを基本思想とし、新たな VELVET SOUND アーキテクチャを構築しました。


より繊細な音を表現
徹底したノイズ対策

VELVET SOUND アーキテクチャは、高分解能32-bit処理に加えノイズ耐性の高い設計を行うことで繊細な音の表現を可能にしています。デジタル回路やスイッチング回路などの動作に起因したノイズの大幅削減に加え、あらゆる角度からノイズ混入経路を検証し徹底してノイズ対策を行いました。また、シグナルパスラインそのものだけでなく、シグナルのリファレンス、時間情報を決定づけるクロックなど、デバイスの中でシグナルになるものは徹底的にノイズ源から分離しています。さらに、可聴域を超えたシステムノイズレベルも従来品に対し40dB以上低減し、変調ノイズからシグナルを保護しています。


「感じる音」を求めて
可聴域を超えた音までを表現

一般的に人の可聴域は20Hz~20kHzといわれていますが、新世代製品ではその10倍に相当する約200kHzの信号帯域を確保し、可聴域を超えた「感じる音」の表現を可能にしました。


「力強さ」Signal Streamを最優先
贅沢で余裕のある設計

バランスのとれたスムーズで力強いシグナルの流れを実現するための音質設計を随所に施しています。L/R完全シンメトリーのレイアウトに加え、シグナルパスラインには従来比5倍以上の物量を投入し、さらに、アナログシグナル出力部には潤沢な電流を確保しています。
また、アナログ電源やシグナルのリファレンスには各チャンネルごとに独立して各々2ピンずつアサインし低インピーダンスを実現。システム上でも太いパターンを描くことを可能にしています。

VELVET SOUND Core Technology

コアテクノロジー
「感じるサウンド」を表現する
数々のテクノロジー

VELVET SOUND …
それは新世代オーディオデバイスのコアテクノロジーです
「ローディストーション・テクノロジー」
「OSRD・テクノロジー」
「IRDフィルター」…
数値を超えた「感じるサウンド」を実現するためのテクノロジーです

数値を超えた「感じるサウンド」を表現する
数々のテクノロジー

25年以上におよび積み重ねてきたオーディオデバイス開発の経験とノウハウの蓄積に加えて、進化したΔΣモジュレータやスイッチドキャパシタフィルタと新たな VELVET SOUND テクノロジーの開発により人の可聴域を超えた「感じるサウンド」を実現しました。


「歪がない」
ローディストーション・テクノロジー

新世代ハイエンドDAC VERITA AK4490 は新開発ローディストーション・テクノロジーを採用、歪みレベルを従来品に対し6dB以上改善、S/(N+D)=112dBを達成し、120dBクラスのDACとしては業界最高水準の超低歪を実現しています。(特許出願中)

帯域外ノイズを大幅に低減
OSRDテクノロジー

OSRD (Over Sampling Ratio Doubler) は、内部動作を高速化せずに実効OSRを2倍にする新技術です。一般的にOSRを高くすると高性能化を図ることは可能ですが、同時に動作の高速化による消費電力が増大するというデメリットがあります。OSRDテクノロジーはこのOSRと消費電力のトレードオフの関係をブレイクスルーする回路技術で、消費電力の増加を伴わずにOSRを倍増させることを可能にしました。新世代DACは本技術を採用し、帯域外ノイズを大幅に低減しています。(特許出願中)

サウンドカラー
IRDフィルター

IRDF (Impulse Response Designed Filter) は、信号の過渡応答波形をコントロールする技術です。32-bit製品群には36-bitに拡張された高分解能演算ハードを搭載しており、よりきめ細やかで自然な信号波形を再現します。

VELVET SOUND Key Features

キーフィーチャー
ハイレゾリューション音源に対応
先進の768k / 11.2M

VELVET SOUND …
それは新世代オーディオデバイスのキーフィーチャーです
ハイレゾリューションオーディオ時代にふさわしい
先進で余裕のスペックを装備しています

「究極のアナログ、自然な音」
ハイレゾリューション音源に対応

新世代D/Aコンバーターは、「究極のアナログ、自然な音」をめざし 32-bitの分解能を採用、PCM最大768kHz、DSD最大11.2MHz (AK4497EQ は最大22.4MHz) のデジタル再生をサポート。ハイレゾリューション音源への対応では業界最先端をリードしています。


サウンドカラーデジタルフィルター
Sound Color Digital Filter(SCDF)

時間領域の信号に注目し、過渡応答波形によって音を制御する32ビット8倍デジタルフィルタを内蔵しました。PCMモード時には5種類 (AK4497EQ は6種類) のデジタルフィルタを設定でき、フィルターを切り替えることで多様な音質での音楽再生が可能です。

Sound Color Digital Filter




Premium D/A Converters


プロダクトポートフォリオ

Product Portfolio -Premium DACs -

* Bubble Size = "Sound Quality"

Premium DACs

第3世代ステレオDACは、S/N 128dBを誇る最新フラグシップDAC VERITA AK4497EQ をリリース、2016年夏に販売開始しました。2014年に発売以降ベストセラーとなったハイエンドDAC VERITA AK4490EQは、世界中の多数のオーディオ機器に採用が広がっています。
マルチチャネルシリーズでは、プレミアムDAC AK445X シリーズ4製品を追加し、新世代32-bitプレミアムD/Aコンバーター7製品のラインアップが完成しました。
充実のラインアップは、プロフェッショナル、ハイエンドからミッドレンジのオーディオシステムまで幅広いアプリケーションをカバーします。