VELVET SOUND Sound Philosophy

サウンドフィロソフィー
原音重視
Real Live Sound

あなたの音が輝きだす

「余すことなく全てを表現する」
それが VELVET SOUND サウンドフィロソフィーです
原音に込められたすべての音を余すことなく再現し
あたかもライブで聴いているかのような生きた空間を提供します

サンプリングレートコンバーター(SRC)の歴史
2002年からの製品実績

AKMは1987年に始まった ADC/DAC の開発において、デジタルフィルター、オーバーサンプリング、最適信号補間といったデジタル信号処理技術をブラッシュアップしてきました。2002年にこれら技術を用いて20bitのSRC製品を初めて開発しました。その後開発した24bit製品も含め、これらは主に音源を作るプロフェッショナル用オーディオ機器に使われていました。
2010年以降、プレミアムオーディオは32bitという高精細化に進んでいましたが、SRCだけが24bitのまま取り残されていました。そこでAKMは、これまで培ったADC/DACのデジタル信号処理の技術をベースにSRCのラインアップ化に着手、世界トップレベルのTHDを誇る32bit製品 AK4137 を2015年に世に送り出しました。

AKM SRC ヒストリー

サウンドフィロソフィー
原音再生|Real Live Sound

CD音源などから、さらに解像度を高くノイズを低くすることにより、より原音にデータを近づけることを追求しています。そのため、我々は原音録音された素材を変えない、理想的な時間軸上の信号補間を行っています。

AK4137EQ

VELVET SOUND Architecture

アーキテクチャ
「情報量と力強さ」を追求し
実現するための設計思想

あなたの音が輝きだす

VELVET SOUND …
それは新世代オーディオデバイスのアーキテクチャです
数値では計り知れない人間の感性を
追求して構築した音作りのための理論
設計思想は理論に基づいています

「情報量と力強さ」を追求
実現するための設計思想

基本音と倍音との構成、音圧、時間的変化、微小な信号成分の存在、高音と低音の減衰量の違いなど、音を感じる要素を全て表現することを基本思想とし、新たな VELVET SOUND アーキテクチャを構築しました。

より繊細な音を表現
徹底したノイズ対策

VELVET SOUND アーキテクチャは、高分解能32-bit処理に加えノイズ耐性の高い設計を行うことで繊細な音の表現を可能にしています。デジタル回路やスイッチング回路などの動作に起因したノイズの大幅削減に加え、あらゆる角度からノイズ混入経路を検証し徹底してノイズ対策を行いました。また、シグナルパスラインそのものだけでなく、シグナルのリファレンス、時間情報を決定づけるクロックなど、デバイスの中でシグナルになるものは徹底的にノイズ源から分離しています。さらに、可聴域を超えたシステムノイズレベルも従来品に対し40dB以上低減し、変調ノイズからシグナルを保護しています。

「感じる音」を求めて
可聴域を超えた音までを表現

一般的に人の可聴域は20Hz~20kHzといわれていますが、新世代製品ではその10倍に相当する約200kHzの信号帯域を確保し、可聴域を超えた「感じる音」の表現を可能にしました。

VELVET SOUND Core Technology

コアテクノロジー
空間を表現するための
数々のテクノロジー

あなたの音が輝きだす

VELVET SOUND …
それは新世代オーディオデバイスのコアテクノロジーです
「オーバーサンプリング・デジタルシグナルプロセッシング テクノロジー」
「最適信号補間テクノロジー」…
音に色付けしないために不可欠なテクノロジーです

空間を表現するための
数々のテクノロジー

25年以上におよび積み重ねてきたオーディオデバイス開発の経験とノウハウの蓄積に加えて、新たな VELVET SOUND テクノロジーの開発により人の可聴域を超えた「感じるサウンド」を実現しました。

「歪がない」
オーバーサンプリング デジタルシグナル プロセッシング・テクノロジー

AKMが得意とするΔΣ変調を基本とした信号処理では、オーバーサンプリング デジタルシグナル プロセッシング(ODP)は不可欠な技術です。AKMはその技術に必要なデジタル信号処理技術をADC/DAC開発で培ってきました。オーバーサンプリング+IRD(デジタルフィルタ)によりあらゆるレートに変換できる最適な信号処理が実現できます。

AK4137EQ

帯域外ノイズを大幅に低減
最適信号補間テクノロジー

オーバーサンプリング デジタルシグナル プロセッシング により作られた復元された信号から、出力レートに合わせたサンプリング点の信号を抽出する技術です。これにより、32bit SRCでは、THD+N=-150dB DR=186dBを実現しています。

VELVET SOUND Key Features

キーフィーチャー
ハイレゾリューション音源に対応
先進の768k / 11.2M

あなたの音が輝きだす

VELVET SOUND …
それは新世代オーディオデバイスのキーフィーチャーです
ハイレゾリューションオーディオ時代にふさわしい
先進で余裕のスペックを装備しています

「よりアナログ、自然な音」をめざした
高精細かつ高解像度

32-bitの分解能に上げることにより高精細化を実現、かつPCM最大768kHz、DSD最大11.2MHzまでの変換に対応することにより、高解像度化も実現しています。

PCM/DSDへの幅広い対応

PCM/DSDの相互変換を実現。さらにDOP (DSD Over PCM frame) フォーマットに対応。多様化するデータ環境に最適なソリューションを提案します。

サウンドカラーデジタルフィルター
Sound Color Digital Filter(SCDF)

時間領域の信号に注目し、過渡応答波形によって音を制御する32ビット8倍デジタルフィルタを内蔵しました。PCMモード時には4種類のデジタルフィルタを設定でき、フィルターを切り替えることで多様な音質での音楽録音が可能です。

Sound Color Digital Filter




Premium Sampling Rate Converters


プロダクトポートフォリオ

Product Portfolio -Premium SRCs -

* Bubble Size = "Sound Quality"

Premium SRCs

フラグシップ ステレオSRC は、世界最高水準のTHD+N -150dB DR=186dB、高機能を誇る AK4137 をリリースしました。さらに、幅広いユースケースにご利用いただける AK4136 をリリース。ハイエンドからミッドレンジのオーディオシステムを最適に実現できます。