News Release

- Premium Audio News -

2017/12/11
beyerdynamic のオンイヤーヘッドホン『Aventho Wireless JP』、アドバンストD/Aコンバーター AK4376A を採用

Aventho Wireless JP
Aventho Wireless JP

旭化成エレクトロニクス株式会社 (以下、AKM) 製のアドバンストAudio D/Aコンバーター (DAC) AK4376A が、ティアック株式会社 (以下、TEAC) から2017年11月15日に発表された独beyerdynamic社製オンイヤーヘッドホン『Aventho Wireless JP』に採用されました。 『Aventho Wireless JP』は、初のテスラテクノロジーを搭載した密閉型Bluetooth® オンイヤーヘッドホンです。

AK4376A は、2014年に発売後スマートフォンを中心としたポータブルオーディオ機器に多数採用され高音質にて好評を得ている AK4375A の音質性能をさらに向上した製品で、ポータブル機器向けヘッドフォンアンプ内蔵小型DACとしては業界最高水準のTHD+N= -107dB、SNR=125dBを達成しています。

AK4376A
業界最高水準の性能と高音質を小型パッケージに凝縮、ヘッドフォンアンプ内蔵アドバンストD/Aコンバーター

AK4376A
AK4376A
Advanced D/A Converter

AK4376A は、2014年に発売後スマートフォンを中心としたポータブルオーディオ機器に多数採用され高音質にて好評を得ている AK4375A の音質性能をさらに向上した製品です。 ポータブル機器向けヘッドフォンアンプ内蔵小型DACとしては業界最高水準のTHD+N=-107dB、SNR=125dBを達成しています。 特にTHD+Nは、全可聴帯域において-100dB以下のフラットな特性を実現し、原音の再現性が更に向上しています。 またデジタル入力フォーマットはハイレゾリューション音源に対応し、最大384kHzのPCM入力をサポートします。 パッケージは超小型の36-pin CSPを採用し、実装基板の省スペース化に貢献します。
HiFiオーディオ機能を搭載するスマートフォン、タブレット、ポータブルミュージックプレーヤー、ヘッドフォンに最適です。

● 最大サンプリング周波数/分解能:PCM384kHz/32-bit
● S/N比(SNR):125dB
● 歪み(THD+N):-107dB
● サウンドカラーディジタルフィルター:4種類

[Notes]
* ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
* AKM およびVELVET SOUND™ は、旭化成エレクトロニクス株式会社の商標です。
* その他、記載されている会社名、製品名は各社の商標および登録商標です。

関連コンテンツ

Page Top

top