News Release

- New Product Information -

2019/05/10
中国ETC用 パワーアンプ内蔵 RFトランシーバー を開発

製品名
AK1555
製品カテゴリー : ショートレンジRFIC
概 要
5.9GHz RFトランシーバー
用 途
中国ETC 車載端末
GBT 20851-2007に準拠するOBU (On Board Unit) に最適化されたRFトランシーバー
AK1555
AK1555

製品概要

中国での自動車普及により、交通渋滞の増加や大気汚染の影響が大きくなっています。ETC (Electronic Toll Collection System) は、高速道路料金所での渋滞緩和、渋滞減に伴う大気汚染の削減に効果があるとされ、普及が進んでいます。
旭化成エレクトロニクス株式会社 (AKM) は車載実績のある高周波アナログ回路の設計と集積技術を用いて、中国ETC端末用RFトランシーバー AK1555 をラインアップしました。この製品は中国ETC端末に最適化された特性を持ち、アンプを内蔵することで外付け部品の削減や、ETC端末の設置場所の自由度を高めるフレキシビリティを持っています。

製品の特長

● 中国のETC規格 GBT 20851-2007に対応

GBT 20851-2007規格を満たす送信パワー・受信感度などのRF特性を備えています。

● パワーアンプ (PA) 、ローノイズアンプ (LNA) を内蔵

+10dBm以上の送信出力、-75dBm (typ.) の受信感度のアンプを内蔵したことで、外付けのPAおよびLNAが不要になります。
また、送信出力・受信感度をレジスタで調整できるため、アンテナ内蔵型またはアンテナ分離型いずれの端末に対応することができます。

● 同一チャンネルおよび隣接波に対する高い妨害波耐性

中国ETCの通信では、通信チャンネルに対して同一チャンネルの信号および隣接チャンネルの信号が妨害波となります。RFトランシーバーの妨害波特性は重要な性能です。
AK1555 は同一チャンネル選択度=8dB (typ.) および隣接チャンネル選択度=8dB (typ.) と、優れた妨害波特性を持っています。

● FM0変復調モデムとFIFOバッファを内蔵

FM0変復調モデムとFIFOバッファを内蔵したインターフェース (Frame Data Mode) と、モデムおよびバッファを使用しないインターフェース (Raw Data Mode) に切り替えることが可能です。
OBUのアーキテクチャに応じて、Frame Data Mode/Raw Data Modeのインターフェースを選択することができます。

● 車載メーカーの要求する高品質対応

車載用電子部品の信頼性要求として、AEC-Q100に対応します。

主な仕様

AK1555
5.9GHz RFトランシーバー
対応規格GBT 20851-2007
送信パワーPA内蔵により +10dBm以上
RX最小受信感度LNA内蔵により -75dBm (typ.)
妨害波特性・同一チャンネル選択度 = 8dB (typ.)
・隣接波選択度 = 8dB (typ.)
モデム機能FM0変復調 (ASK)
・プリアンブル、CRC、ポストアンブルの追加が可能
インターフェース・FM0変復調モデム+FIFOバッファ (Frame Data Mode)
・モデムおよびバッファを非使用 (Raw Data Mode) を切り替え可能
待受機能ETCゲートからの信号検知時のみマイコンを起動させる機能を搭載
電源電圧3.15 ~ 3.45V
動作温度-40 ~ +85°C
AEC-Q100対応
パッケージ32-pin QFN  (5.0 x 5.0mm, 0.5mm pitch)
[Notes]
* ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
* AKMは、旭化成エレクトロニクス株式会社の商標です。
* その他、記載されている会社名、製品名は各社の商標および登録商標です。

Page Top

top