Senseair

センスエア Senseair

Make sense of air

Senseair は大気およびガス検知技術のリーディングカンパニーです。 Senseair は世界最高水準の測定技術、サービス、インテリジェンスで、大気およびガス検出ソリューションを提供します。
Senseair のガスセンサーとガス検知ソリューションは、屋内外の空気質計測、アルコール検知、ガス警報器、ライフサイエンス、物流など様々な分野に利用されています。

LATEST
最新情報

Information

旭化成エレクトロニクス (AKM) は、センスエア社 (Senseair) のCO2センサーモジュール「Senseair Sunrise」、「S8」、「K30」の3製品の取り扱いを開始します。

Senseair Sunrise

Senseair Sunrise

PRODUCTS
製品

Senseair Sunrise
新世代 NDIR ガスセンサー

OPTICALSOLIDSTATE

オプティカルソリッドステート
可動部 (フィラメント) のある電球の代わりに光学的に固定 (ソリッドステート) されている赤外線LEDを光源に使用することで、ガスセンサーを堅牢で振動に強くすることが可能です。過酷な環境または爆発の危険性がある環境などでは、ソリッドステートな設計が有用です。

icon01
icon02

ULTRALOWPOWER

超低消費電力
最先端の赤外線LED技術により、Senseair Sunrise は超低消費電力を実現しています。平均消費電流は、他社の低消費電力NDIRセンサーよりも6倍以上低くなっています。
平均電流 150μA以下

HIGHPRECISION

高性能
一般的によく知られるように、消費電力を上げるほどセンサの分解能は高くなります。つまり、低消費電力のガスセンサーでは精密な測定値を得ることは一般的に困難です。しかし、Senseair Sunrise は、卓越した光学技術と最先端のLED技術を用いることで超低消費電力と高精度の双方を実現しました。
精度 (CO2) : ± 30 ppm ± 3% (読取値)

icon03
icon04

SELFCORRECTION

自己補正
Senseair 独自の自己補正型 ABC (Automatic Baseline Correction) アルゴリズム を搭載することで、15年間にわたり正確な測定結果を得ることができます。Senseair はこのアルゴリズムを30年間使用しており、十分な市場実績があります。今後、IoT向けのアプリケーション等では、自己補正可能なガスセンサが必須です。Senseair Sunrise は、IoT向けアプリケーションのニーズにも応えます。

MASSPRODUCTION

大量生産可能
Senseair Sunrise は、大量生産が可能なように設計を最適化しています。生産ラインは自動化されており、高品質で生産可能です。
サンプルを提供中で、2018年Q4に量産開始予定です。

icon05
icon06

THREESOLUTIONS

3つのソリューション
Senseair Sunrise は、Sensor Core, Sensor onBoard, Sensor inCase の3形態で提供可能です。名前が示唆しているように、Sensor CoreはSenseair Sunrise そのもの、Sensor onBoard はお客様ですぐに筐体に組み込める形態 (ボード形状)、Sensor inCase はお客様がそのままエンドユーザーに提供できる形態 (ケース形状) で提供可能です。

Senseair Sunrise
新世代 NDIR ガスセンサー

Senseair Sunrise
● オプティカルソリッドステート
● 超低消費電力
● 高精度
● ロバスト
● 大量生産可能
● メンテナンスフリー

旭化成エレクトロニクス (AKM) との共同開発により、超低消費電力と高精度を両立したガスセンサを提供することが可能となりました。
Senseair Sunrise は、新世代のNDIRガスセンサーです。

Product numberProduct
006-0-0002Senseair Sunrise新世代 NDIR ガスセンサー

S8 COMMERCIAL

Senseair S8
● 超高精度
● 小型
● メンテナンスフリー

Senseair S8 Commercial は、商用HVAC (Heating Ventilation and Air Conditioning) アプリケーションでの室内換気制御とCO2モニタリングに最適です。このセンサーはNDIR方式を採用しており、非常に高い精度でCO2濃度を測定します。
Senseair S8 は、小型で容易にHVACシステムに組み込めるように設計されています。

Product numberProduct
004-0-0010S8 CommercialFor connection by pin headers (for ventilation control and CO2 monitoring)
004-0-0013S8 ResidentialFor connection without pin headers (for ventilation control and CO2 monitoring)
004-0-0056S8 ResidentialFor connection by pin headers (for ventilation control and CO2 monitoring)
004-0-0017S8 Alarm 5%For connection by pin headers (for control and alarm applications)
004-0-0050S8 Alarm 2%For connection by pin headers (for control and alarm applications)
004-0-0053S8 LPFor applications where both energy consumption and accuracy are critical factors

K30

Senseair K30
● フレキシブル
● 2 アナログ出力 / 2 デジタル出力
● 組込が容易
● メンテナンスフリー

K30 は、さまざまなアプリケーションに合わせてカスタマイズできます。K30 は、2つのアナログ出力と2つのデジタル出力を備えた製品です。

Product numberProduct
030-7-0001CO2 Engine K30 3%0 to 3%vol
030-8-0006CO2 Engine K30Standard configuration (0 to 5000ppm, 20 sec diffusion time )

INQUIRIES
お問い合わせ

お問い合わせ

センスエア (Senseair) 製品に関するお問い合わせは、
こちらからお願いします。

Who's Senseair?
Senseair について

Senseair は大気およびガス検知技術のリーディングカンパニーです。Senseair は世界最高水準の測定技術、サービス、インテリジェンスで、大気およびガス検出ソリューションを提供します。
25年以上の経験を持つ Senseair は、非分散型赤外線 (NDIR) 技術の分野でトップクラスの地位を獲得しています。Senseair は、コスト効率が高く、小型で高精度、低消費電力のガスセンサーを開発・製造・販売しています。


センスエアー社の概要

会社名

Senseair AB

所在地

スウェーデン、デルスボ市

事業内容

センシングソリューションの提供およびガスセンサモジュールの開発・製造・販売

主な拠点

スウェーデン、ドイツ、米国、中国

旭化成エレクトロニクス (AKM) は、コア技術の1つである化合物半導体技術を用いて可視外光領域でのビジネス展開を加速しています。特にAKMの赤外線発光素子および受光素子は、その小型、高感度、高品質な特性から、ガス濃度を検知するガスセンサ製品への搭載例が増加しています。これは住居内およびオフィス・工場等における空気質モニターのニーズの高まりを受けたものです。

AKMでは、地球温暖化防止対策のためのさまざまな施策に伴い、とりわけ二酸化炭素 (CO2) 濃度をモニタリングする市場が今後急速に立ち上がるであろうと予測しています。この予測に基づき、AKMは2016年よりNDIR方式CO2ガスセンサモジュールの分野において25年の経験と実績をもつセンスエアー社との間で共同開発契約を締結し、新たなCO2センサの開発に取り組んできました。この共同開発の成果として、センスエアー社より次世代の超低消費電力センサー Sunrise が間もなくリリースされる予定です。

センスエアー社との共同開発を通し、同社が有するガスセンサ用の光路設計技術と、それを製造するノウハウを、AKMのコア技術である化合物半導体技術を用いた小型かつ高品質な赤外線受発光素子と組み合わせるだけでなく、両社が有する技術的知見と営業ネットワークを深いレベルで相互活用することにより、住居内の空気質モニターだけでなく、アルコール検知や室外環境のモニタリングなど、今後の急速な立ち上がりが期待されるガスセンサ市場において、AKMの事業活動を拡大していきます。

AKMは2018年4月4日にセンスエアー社の株式を取得し、センスエアー社はAKMの連結子会社となりました。


Senseair


Make sense of air

+

AKM

Creating for Tomorrow

Related Contents
関連コンテンツ

Page Top

top