AK2403

Cartesian Feedback Loop Transmitter

  • お問い合わせ
  • データシート

概要

Two-way Radio ICs

AK2403はカルテシアンフィードバック線形化技術を用いた送信ICです。外部のパワーアンプ出力からカプラーを介してAK2403にフィードバックすることにより、高線形性を実現します。カルテシアンフィードバック回路はフォワードパス部とフィードバックパス部で構成されています。フォワードパスは差動アンプ、I/Q直交変調器で構成され、フィードバックパスはアッテネータ、I/Q直交復調器、位相シフト器、差動シングル変換アンプによって構成されています。
AK2403はVCO内蔵PLL及びDACを内蔵しているためシステムの面積を小さくすることができます。AK2403のPLLは内蔵VCO、外付けVCOのいずれかによりLocal信号を生成することができます。また、AK2403は内蔵DACを用いて容易にDCオフセットキャリブレーションを行う機能を持っています。


特長

● 周波数範囲 : 50MHz ~ 1GHz
● 動作電圧 : 2.7 ~ 3.3V  (チャージポンプ : 2.7 ~ 5.5V)
● 温度範囲 : -40 ~ +85 ºC
● フォワードパス/フィードバックパス ゲインコントロール : 31dB (1dB step)
● フォワードパス IQ直交変調器内蔵
● フィードバックパス IQ直交復調器内蔵
● ΔΣ フラクショナル-N PLL内蔵
● 360度位相シフト器内蔵 (5.625deg step)
● 安定性検出用アクティブHPF内蔵
● 12-bit DAC内蔵
● 68-pin QFN  (8 x 8mm, 0.4mm pitch)パッケージ

>> 続きを読む

ブロック図

Block Diagram

Page Top

top