AP1040AEN

32V 2ch H-Bridge Motor Driver IC

  • お問い合わせ
  • データシート

概要

モータードライバー
AP1040は、動作電圧8V~32V , 最大出力電流2.0Aに対応した2ch H-Bridgeモータドライバです。 制御モードは、SEL端子を使ってパラレル入力モードとコンプリメンタリ入力モードを切り替えることが可能です。またVREF端子電圧を変えることで、PWM-Duty制御回路で生成されるDutyが変化し、速度調整が可能になります。 保護回路としては、貫通電流防止回路・低電圧検出回路・過熱保護回路及び出力段の過電流保護回路を搭載しています。また過電流保護回路は、検出時間をTBLANK端子に接続する抵抗値により調整することが可能です。 パッケージは放熱性の良い小型QFNを採用しており、省スペースでの大電流モータ駆動に最適です。

特長

モーター動作電圧 (定格) 8.0V~32.0V(35V)
最大出力電流(DC) 1.2A
最大出力電流(ピーク) 2.0A
H-Bridgeオン抵抗(TOP+BOT) @Ta=25°C 0.7Ω
低電圧検出回路内蔵(UVLO) 6.35V (typ)
過熱保護回路内蔵(TSD) 175℃ (typ)
過電流保護回路内蔵(OCP) 4.5A (typ)
その他機能 VREF端子によるPWM制御が可能
パラレル入力/コンプリメンタリ入力の切り替え端子(SEL)を搭載
過電流保護検出時間の調整用端子を搭載
異常検出用FLAG端子を搭載
パッケージ 24-pin QFN (4mm×4mm)
動作温度範囲 -30℃~85℃

>> 続きを読む

ブロック図

Block Diagram

Page Top

top