AKMの 赤外線センサー (IRセンサー:Infrared Sensor) は、磁気センサー製品で培った化合物半導体薄膜形成技術をベースに開発した赤外線フォトダイオード(量子型赤外線センサー)です。高速応答・直流出力といった量子型赤外線センサーの特長はそのままに、従来必要であった冷却処理を不要とし室温動作を可能としています。これにより大幅に使いやすさが向上し、また小型・薄型化も実現しています。

AKM は、赤外線センサー素子と信号処理ICなどを一体化した赤外線センサーICを提供しています。

ラインアップ

ラインアップ


ラインアップ

Human sensing
人感センサー
IR Sensors (Human sensing)
製品名 AK9752AE
赤外線センサーIC
AK9753AE
赤外線センサーIC
AK9750
赤外線センサーIC
AK9752AE AK9753AE AK9750
IR素子数
14
光学フィルター
搭載
分光感度[μm]2 ~ 75 ~ 7
有効検出距離[m] ~ 1 1 < with Lens  ~ 1
16ビットA/Dコンバーター
内蔵
割り込み通知INTピン
(オープンドレイン)

内蔵
内蔵温度計
-30 ~ 85°Cの範囲をI2Cバスに出力-10 ~ 60°C の範囲をI2Cバスに出力
インターフェース
I2C
動作電圧[V]1.65 ~ 1.951.71 ~ 3.63
消費電流
Max. 100uA (10Hz 出力時)
Typ. 10uA (1Hz 出力時)
Max. 100μA (10Hz 出力時)
Max. 1μA (パワーダウン時)
動作温度範囲 [°C]-30 ~ 85
パッケージ
6-pin SON
10-pin SON
サイズ (D/W/H)[mm]2.2 x 2.2 x 0.63.8 x 4.6 x 1.19
主な用途
接近検知 / デバイス起動接近検知、人数計測
ステータス
量産中

セレクションテーブル

Part# Data
Sheet
Automotive
Qualified
Package Oper.
Temp.
Power
Supply
(VDD)
Power
Supply
(DVDD)
Power
Consump.
(Standby)
Power
Consump.
(Operation)
I/F




V V μA μA
   
AK975010pin SON (4.6mmx3.8mmx1.2mm)-30 to +851.71 to 3.631.65 to VDD10100I2C
AK9752AE6pin SON (2.2mmx2.2mmx0.6mm)-30 to +851.65 to 1.9510100I2C
AK9753AE10pin SON (4.6mmx3.8mmx1.2mm) -30 to +85 1.71 to 3.631.65 to VDD10100I2C

技術情報

赤外線センサーの分類

物体のスペクトラム

赤外線は、波長0.75~1000μmの光です。
温度ゼロK(-273℃)以上の物体は赤外線を発しています。人体も赤外線を放出しています。
実際に到達するエネルギーは、発光源のサイズ、到達するまでの距離、吸収等によって変わります。

設計支援

設計支援

ドキュメントダウンロード
(データシート・プロダクトブリーフ)

AK9752AE

AK9753AE

AK9750

用途

用途

IoT端末、IoTカメラ、インテリジェンス家電、照明器具、住宅設備、スマートロック、ドアホン、宅内情報端末、家電製品、オフィスや住宅内の機器、ホームオートメーション

関連コンテンツ

Page Top

top