採用事例 SAF Tehnika

CO2 センサー

SAF tehnika

Aranet4

Your Home Air Quality Monitor

Aranet4 Aranet4

Aranet4は、家庭、学校、オフィス、その他の屋内環境のCO2、温度、相対湿度、大気圧を監視するための革新的なバッテリー駆動のスタンドアロンワイヤレス空気品質センサーです。 このデバイスは持ち運び可能で、設置が簡単で、操作も簡単です。 革新的な電子インクディスプレイを備えており、現在の測定値を視覚的な信号インジケーターと音声アラームで表示して、空気の質が異常な場合に通知します。

研究によると、室内のCO濃度が高くなると、認知能力が最大50%低下し[1]、睡眠の質が低下し[2]、免疫システムが弱まり[3]、さらに多くの人体への悪影響が生じる可能性があります。CO2濃度は、COVID19やその他の空中感染のリスクを評価するためのプロキシとしても使用できます。 伝染性エアロゾル(感染者による咳、くしゃみ、会話、歌、または叫びの際に放出される小さな液滴)を除去するには、十分な換気が必要です。[4] Aranet4は、現在の空気交換率が十分であるかどうか、またはリスクを軽減するための措置を講じる必要があるかどうかを通知します(たとえば、窓を開ける、機械的換気システムをオンにする)

Aranet4には、履歴データ、データのエクスポート、および構成のグラフを表示するための使いやすいBluetoothアプリが付属しています。

Aranet4は、AKMグループ会社であるセンスエアによって開発および製造された業界をリードするCO2センシングテクノロジー「Sunrise」を搭載しています。

出典:

1) https://ehp.niehs.nih.gov/doi/10.1289/ehp.1510037
2) https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/26452168/ 
3) https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2773965/ 
4) https://tinyurl.com/FAQ-aerosols 

* Bluetooth® は Bluetooth SIG, Inc. の登録商標です。

センスエア (Senseair) について

2018 年に旭化成エレクトロニクス (AKM) グループの一員となったセンスエアは、NDIR : Non-Dispersive InfraRed (非分散型赤外線) 方式の技術を用いたガスセンサーの世界的なリーディングプロバイダーです。常に新しいガスセンサーの技術開発および量産化を目指しています。