検索
Image of language 日本 | 日本語
あなたの国または地域を選択してください

search

FAQ - 狭帯域フィルター内蔵 IF 受信 IC

AK2365A

狭帯域フィルター内蔵 IF 受信 IC

[Q0445]
・45.9MHz, 50.4MHz, 57.6MHz以外のローカル周波数は使用できますか?
A.
・ローカル周波数はIC内部の動作クロックとしても使用されているため、指定周波数以外のローカル周波数はご使用頂くことはできません。3つの周波数はそれぞれ、ポピュラーなTCXO周波数である15.3MHz、16.8MHz、19.2MHzを3逓倍することで生成できる周波数に設定してあります。
お役に立ちましたか?
Yes
No
ご回答いただきありがとうございます。 みなさまのご意見を、WEBコンテンツの改善に反映させていただきます。
[Q0446]
・データシートで、電源立ち上げ時のパワーアップシーケンスに記載のハードウェアリセットはソフトウェアリセットで代替可能でしょうか?
A.
・代替できません。電源立ち上げ時のリセットには必ずハードウェアリセットを実施してください。
お役に立ちましたか?
Yes
No
ご回答いただきありがとうございます。 みなさまのご意見を、WEBコンテンツの改善に反映させていただきます。
[Q0447]
・データシートで、ハードウェアリセット実施時の「デジタル入力端子はRSTN:High、SCLK:Low、SDATA:Low、CSN:Lowと設定してください。」と記載されていますが、これはどのような意味でしょうか?
A.
・確実にリセットを実施する為、リセット動作中、及びリセット解除のタイミングではSCLK、SDATA、CSN端子入力を固定する事を推奨しています。各制御端子は、AK2365A内部でプルアップ、又はプルダウンされていません。極性記載は1例で、制約ではありません。
お役に立ちましたか?
Yes
No
ご回答いただきありがとうございます。 みなさまのご意見を、WEBコンテンツの改善に反映させていただきます。
[Q0448]
・キャリブレーション値を保持したまま間欠動作を行うにはどのように制御したら良いでしょうか?
A.
・Mode 2(スタンバイ)をご使用頂くことを想定しています。
もしPDN pinにより間欠動作を行う場合には、ハードウェアリセット及びキャリブレーションを都度行う必要がありますのでご注意ください。
お役に立ちましたか?
Yes
No
ご回答いただきありがとうございます。 みなさまのご意見を、WEBコンテンツの改善に反映させていただきます。
[Q0449]
・量産工程で、割合は多くないのですが、復調出力レベルが電源電圧またはグラウンドに張り付くサンプルが出てきました。なぜでしょうか?
A.
・ハードウェアリセットが正常に実施されていない、またはキャリブレーションが正常に実施されていない場合にそのような現象が生じる可能性があります。なぜなら、復調出力レベルはレジスタ設定により実行されるキャリブレーションにより校正されるからです。キャリブレーションを実施する際にはLO信号が安定供給されている必要があります。又、レジスタによりMode6に設定後、内部バイアスが安定する時間は、LOINピンに接続する容量値が推奨の100pFの時に500usとなっています。LOINピンに接続する容量がもし推奨値より大きい場合は、より長いバイアス安定時間が必要になります。
お役に立ちましたか?
Yes
No
ご回答いただきありがとうございます。 みなさまのご意見を、WEBコンテンツの改善に反映させていただきます。
[Q0450]
・キャリブレーション実施時の動作モードはMode6でないといけませんか? LOBUF、VIREF、Discriminatorがパワーアップすれば良いのであれば、Mode7ではだめでしょうか?
A.
・Mode7でも問題ありません。
お役に立ちましたか?
Yes
No
ご回答いただきありがとうございます。 みなさまのご意見を、WEBコンテンツの改善に反映させていただきます。
[Q0451]
・ノイズスケルチ回路について、NRECTOの出力が大きくDETOが"L"を検出できません。どのようにすればよいですか?
A.
・データシートに記載の回路定数は出荷検査のため、ノイズ入力に対するゲインを高めに設定してあります。ノイズアンプの入力部に抵抗ATTなどを挿入して、所望のNRECTO出力カーブを描くように入力ノイズ量を調整してください。
お役に立ちましたか?
Yes
No
ご回答いただきありがとうございます。 みなさまのご意見を、WEBコンテンツの改善に反映させていただきます。
[Q0452]
・IFIP端子の入力インピーダンスを教えてください。
A.
・IFIPの入力部はHi-Zのため、外付けの対接地抵抗で入力インピーダンスが決まります。この抵抗の推奨値は750Ωです。これに、50Ωに整合するようにインダクタとキャパシタを加え、電気的特性を確認しています。
お役に立ちましたか?
Yes
No
ご回答いただきありがとうございます。 みなさまのご意見を、WEBコンテンツの改善に反映させていただきます。