検索
Image of language 日本 | 日本語
あなたの国または地域を選択してください

search

赤外線 LED 素子

赤外線 LEDは、NDIR 方式のガスセンシングに最適な赤外線光源です。

ガスセンサー

AKM の赤外線 LED は、磁気センサーの製造で培った半導体薄膜のエピタキシャル成長技術を用いることで、ガスの吸収波長帯域に最適化した発光波長の制御、および、高速・高出力の発光制御を実現しています。​

また、独自の小型モールド樹脂パッケージング技術により、世界最小の表面実装型 (SMD: Surface Mounted Devices) の赤外線 LED としてガスセンサーの小型化に貢献します。

NDIR 方式 可燃性ガスセンサーの光源に最適 
赤外線 LED 素子

AK9703AJ

AK9703AJ は、可燃性ガスの代表であるメタンの赤外線吸収帯域にピーク発光波長をもつ赤外線発光素子 (IR-LED) です。従来のNDIR方式のガスセンサーに使われてきたWフィラメント電球に比べ高速の発光制御が可能です。

高速応答可能なAKMの赤外線受光素子 AK9730AJ と組み合わせることで、可燃性ガスセンサーの消費電流を画期的に下げることが可能になります。
温度補正用受光素子も内蔵しており、発光量をモニターすることで高精度センシングを実現します。
パッケージは小型の表面実装タイプのためセンサーの小型化に有効です。
電球に比べて格段に長寿命であるため、信頼性の高いセンサーが実現できます。

● 高出力赤外線LED

● 高速駆動
100kHz以上で高速駆動可能

● 高信頼性
プラスチックモールドパッケージで高い耐振動性を実現

● 小型プラスチックパッケージ
SMDタイプ (2.6mm x 1.9mm x 0.4mm)

NDIR 方式 CO2 センサーの光源に最適 
赤外線 LED 素子

AK9700AE

AK9700AE は、CO2の赤外線吸収帯域にピーク発光波長をもつ赤外線発光素子 (IR-LED) です。従来のNDIR方式のCO2センサーに使われてきたWフィラメント電球に比べ高速の発光制御が可能です。

高速応答可能なAKMの赤外線受光素子 AK9710AE と組み合わせることで、 CO2センサーの消費電流を画期的に下げることが可能になります。
温度補正用受光素子も内蔵しており、発光量をモニターすることで高精度センシングを実現します。
パッケージは小型の表面実装タイプのためセンサーの小型化に有効です。
電球に比べて格段に長寿命であるため、信頼性の高いセンサーが実現できます。

● 高出力赤外線LED

● 高速駆動
100kHz以上で高速駆動可能

● 高信頼性
プラスチックモールドパッケージで高い耐振動性を実現

● 小型プラスチックパッケージ
SMDタイプ (2.6mm x 1.9mm x 0.4mm)

● 車載グレード
本製品は、車載グレード AK9700AD をラインアップしています。

ラインアップ

赤外線 LED 素子

Part Number
Part
Status
Peak Emission 
Wavelength
[μm]
Spectral Half Width
[μm]
Package Size
[mm]
Other
Operating
Temperature
[℃]
Device
Package
Number
of Pins
AK9700AE
MP
4.3
1
2.6 x 1.9 x 0.4

                                
0 to 50
SON
8
AK9700AD
MP
4.3
1
2.6 x 1.9 x 0.4
Automotive grade
-40 to 90
SON
8
AK9703AJ
MP
3.6
0.7
2.6 x 1.9 x 0.4

                                
-40 to 85
SON
8