検索
Image of language 日本 | 日本語
あなたの国または地域を選択してください

search

AK9752AE

MP

ガラス越し検出可能 赤外線センサー IC

ガラス越し検出可能 赤外線センサー IC

MP

Description

AK9752AE は、ガラス越しでも検出可能な近距離用途(検知距離 1m)IR センサー (Infrared Sensor) です。デザイン性の高い宅内情報端末などに最適です。 AK9752AE は、当社独自の InSb 量子型 IR センサー 1 素子、素子の電流出力を電圧に変換するアナログフロントエンド、素子温度を測る専用温度計、それらの出力値をデジタル化する 16-bit A / D コンバーター (ADC) と I²C インターフェース および 割り込み出力を備えています。
低消費電力 AK9752AE の本体自体の低消費電力 (電源電圧:typ. 1.8V 消費電流:max 100µA @10Hz 間隔出力) に加え、割り込み機能を備えることで外部マイコンの低消費電力動作といったバッテリー駆動システムでの長時間動作を可能にしています。 世界最小クラス* 超小型・薄型表面実装パッケージ AK9752AE のパッケージは、6-pin SON (2.2 x 2.2 x t0.6mm) 超小型・薄型表面実装パッケージです。 [Notes] * 2017年1月1日現在 当社調べ

Key Features

  • ガラス越しで動作可能 近年、IoT 機器などで人感センサーの用途が増えていますが、従来使われている焦電センサーでは、ガラス越しでの検出はできません。これによりデザイン性が損なわれるなどの課題がありました。また、当社既存製品 AK9750 では、一般的なガラスが透過できる 5µm 以下の赤外線を遮断していました。  AK9752AE は、5µm 以下の波長も高感度で検出できるためガラス越し検出も可能になっており、厚さ 0.7mm 以下のガラスで 1m の検知距離します。そのため、全面ガラスのような情報端末のデザインを損なうことなく、ガラス越しに人感検知が可能になります。
  • レンズ不要 (検知距離 1m) AK9752AE は、1m の検知距離まではレンズが不要で、かつ非常に小型、薄型であるため、各種端末機器のデザイン性向上が期待できます。
  • 温度計内蔵 AK9752AE は、内蔵 IR センサー素子の素子温度を測定します。

Applications

  •                                 接近検知 / デバイス起動
                                

Specifications

Part Number
AK9752AE
Outline
Short distance,Single element
Detection distance [m]
1 (*1,2)
Number of IR elements
1
Optical filter
-
Spectral sensitivity [μm]
2 to 7
Size (D/W/H) [mm]
2.2 x 2.2 x 0.6
Power Supply [V]
1.65 to 1.95
Current Consumption [μA]
Max. 100μA (10Hz Output) Typ. 10μA (1Hz Output)
Interface
I²C
Interrupt pin (Open drain)
On Chip
A/D converter
16-bit
Built-in Thermometer
Range of -30 to 85゚C are available on I²C bus
Internal Algorithm
-
Other

                                
Operating Temperature [℃]
-30 to 85
Device Package
HUSON
Number of Pins
6

Product Information

Part Status
MP
Pb Free
Yes
Halogen Free
Yes
MSL
MSL1
Packaging
TAPE
JEDEC Standard Packaging
Compliant
Minimum Order Quantity [pcs.]
5000
Replacement P/N

                                

Block Diagram

AK9752AE Block Diagram