検索
Image of language 日本 | 日本語
あなたの国または地域を選択してください

search

技術情報

モータードライバー

Active Decay Control

- 高速応答・低電流リップル制御 -

[特長] Fast Decay Control低発熱 + 滑らかなモーター回転

Fast Decay Control 低発熱

Fast Decayの時間最適化でパッケージ発熱を低減
低発熱による基板層数削減や小サイズ化提案が可能

●AP1034AER は他社品より15 ~ 20℃低い

他社品A/B

H-Bridge動作シーケンス

大きな電流ロスが発生するFast Decay動作を可能な限り使わないシーケンスとなっています。そのため発熱が抑えられます。4層→2層基板化などトータルコストも抑えられます。

滑らかなモーター回転

必要な時だけFast Decayを実行することで電流リップルを抑え、滑らかなモーター回転を実現

モーター電流を常に監視しターゲット電流を超えた時のみ Fast-decay で制御。低消費電力、モーターの回転ムラが少なく振動は低減、滑らかに回転しトルクが向上します。

電流制御イメージ

一般的な制御(右図)では周期的にFast Decayを実行するためリップルが大きくなります。Active Decay制御なら(左図)、応答性を保ちながらリップルを小さく抑えます。

Active Decay Control
Traditional Control

Decay 設定用の外付部品が不要

Decay 設定用の外付部品が不要、使用するモーター毎の個別調整が不要です。

Virtual CV (Constant Voltage)

- 電圧低下時の定トルク制御 -

[特長] 電池電圧が落ちてもトルクを安定に保ちバッテリーが長寿命に

入力電圧を常に監視し、内部PWM信号のDutyを電源電圧に応じて自動調整、バッテリーが低下しても、入力変動によるトルクを一定に保ちます。

車載対応製品: AP1029ADR
動作温度範囲: -40 ~ 105℃  入力電圧範囲: 5.5 ~ 32V

Short Brake

- 低ノイズスイッチング制御 -

[特長] スイッチングノイズを抑えたEMIノイズを低減

入力切り替え時に電流を回生させるためにLowサイドMOSFETを一定時間オン、正転 ⇔ 反転切り替わり時のスイッチングノイズを抑え、EMIを低減します。