検索
Image of language 日本 | 日本語
あなたの国または地域を選択してください

search

ガスセンシング

ガスセンサーは人が見ることのできないガスの存在を検知することができます。住宅、工場、自動車といった様々な場所で活躍しており、人々の暮らしをより安全・安心・快適にしています。

ソリューション

旭化成エレクトロニクス (AKM) とSenseair*1 は非分散型赤外線 (NDIR: Non-Dispersive Infrared) 方式のガスセンサーや、このガスセンサーに用いる受発光素子の開発・製造をしています。ガスセンシングの様々なニーズに対して最適なソリューションを提案します。

*1 Senseairは旭化成エレクトロニクスのグループ会社です

Senseair について

2018 年に旭化成エレクトロニクス (AKM) グループの一員となった Senseair は、非分散型赤外線 (NDIR: Non-Dispersive Infrared) 方式の技術を用いたガスセンサーの世界的なリーディングプロバイダーです。25 年以上に渡り費用対効果が高く、高性能なガスセンサーを開発、製造してきました。R&D 部門に多くのエンジニアを配置し、新しいガスセンシング技術を開発しています。そしてそれを速やかに量産製品に適用することを目指しています。

Senseair のソリューションは、ビルや住居の最適な換気のための空気質モニター、アルコールモニター、IoT を駆使した農業、鮮度管理された輸送分野などで採用され、空気の見える化に貢献しています。