検索
Image of language 日本 | 日本語
あなたの国または地域を選択してください

search

Senseair のソリューション

ガスセンシング

2018 年に旭化成エレクトロニクス (AKM) グループの一員となった Senseair は、非分散型赤外線 (NDIR: Non-Dispersive Infrared) 方式の技術を用いたガスセンサーの世界的なリーディングプロバイダーです。25 年以上に渡り費用対効果が高く、高性能なガスセンサーを開発、製造してきました。R&D 部門に多くのエンジニアを配置し、新しいガスセンシング技術を開発しています。そしてそれを速やかに量産製品に適用することを目指しています。

Senseair のソリューションは、ビルや住居の最適な換気のための空気質モニター、アルコールモニター、IoT を駆使した農業、鮮度管理された輸送分野などで採用され、空気の見える化に貢献しています。

センサーソリューション

Senseair は 3 つのソリューションを提供しています。

 

  • Sensor Core
    ガスの検出部

  • Sensor onBoard
    Sensor Core とその他の周辺回路をプリント基板に実装

  • Sensor inCase
    Sensor onBoard を筐体内に搭載

 

Sensor Core

Senseair はお客様のご要望に合わせて、5 つのプラットフォームを用意しています。

  • Size
    世界最小クラスのサイズ 33.5 x 20 x 8.5mm

  • Low power
    超低消費電流 38μA

  • Flexible
    多彩なオプション (測定範囲や通信など) 

  • Resolution
    高い測定分解能

  • Rough
    低温、多湿などの過酷な環境で動作

Sensor onBoard

Sensor onBoard は Sensor Core とその他の周辺回路をプリント基板に実装した製品です。プリント基板の設計に際しては、Sensor Core へのガスの流れや、熱、ノイズといった要素を考慮する必要があります。Senseair では 1993年の創業以来培ってきた設計技術を生かし、ガスセンサーだけでなくその他のセンサー (温湿度センサーなど) や、電源回路、通信機能を組み合わせた最適なプリント基板を設計、製造することができます。

Sensor inCase

Sensor inCase は Sensor onBoard を筐体内に搭載した製品で、設置後すぐに使用可能です。様々なアプリケーションに最適なデザインをラインアップしております。測定結果をディスプレーに直接表示する製品や無線通信を通じてリアルタイムにモニターできる製品などがあります。個別のニーズに合わせて設計することも可能です。