検索
Image of language 日本 | 日本語
あなたの国または地域を選択してください

search

技術解説

無線機を LNA、MIXER、PLL Synthesizer、IF フィルター、アナログベースバンド IC 等の部品を組み合わせて使用することで、妨害波特性を向上させたり、感度を向上させる等の特長あるシステムを構築することができます。
また、特定の部品のみを特性を向上させるために既存の回路構成から変更することも可能です。

AKM の部品ラインアップ

AKMでは、ミキサー、PLL シンセサイザー、IF フィルター、アナログベースバンド IC 等の各種ラインアップを豊富にそろえています。

ミキサー や PLL シンセサイザー は使用する周波数プランに合わせてご使用ください。
IF フィルター IC は、使用するシステムに合わせて周波数帯域をレジスタで設定可能です。

各種部品を用いた特性向上・一部の部品交換

構成例

各種部品 IC を用いた場合の送受信回路の構成例です (図1 )。

図1 各部品を用いた構成例

図2 は、IF IC である AK2400 を用いた構成例です。

AK2400 は、ミキサー、帯域可変型 IF フィルター、フラクショナル -N 周波数シンセサイザー 12-bit ADC の受信系回路を内蔵しています。スーパーヘテロダイン構成の受信機を構成できます。

図2 スーパーヘテロダイン集積 IC による構成例

評価ボード

PLL についてはアプリケーションノートや PLL デザインツールも準備しております。

これらドキュメントやサンプルや評価ボードをご要望の場合は、お問い合わせ からご連絡ください。

PLL アプリケーションノート
外付けループフィルタ設計用 PLL デザインツール