検索
Image of language 日本 | 日本語
あなたの国または地域を選択してください

search

技術解説

VCO (Voltage Controlled Oscillator) は、調整が面倒なディスクリートのTransistor, inductor (L) 、 capacitance (C) で構成するか、大きな VCO モジュールを用いることになります。特に基板上に L、C を配置すると、寄生容量や配線のインダクタンスまで考慮する必要が生じてしまいます。この VCO が PLL シンセサイザーと一体になることで、寄生容量や配線のインダクタンスを考慮せずに VCO 使用でき、工数を削減できます。

AK1574 について

AK1574 は、この VCO とフラクショナル -N PLL 周波数シンセサイザー、12bitの ADC を内蔵した 5㎜ 角の LSI です。

面倒な調整をなくし、小面積化が可能な LSI で、出力周波数は 46.875 MHz ~ 1682.5 MHz の広い出力周波数を持っています。このため、各種無線システムに合わせて周波数を設定可能です。

VCO 内蔵シンセサイザーによる VCO 設計工数の削減

構成例

送信回路は、AK1574 を用いて図1 に示すように簡単な構成にできます。

図1 ディクリート VCO の構成例と AK1574 を用いた構成例

送受信を含む無線用には、AK1574 と受信系に AK2401A を用いると、図2 の構成図にあるように送受信回路を少ない部品点数で実現できます。

図2 AK1574, AK2401A を用いた構成例

評価ボード

簡単に評価できるように、AK1574 評価ボードを用意しています。

サンプルや評価ボードをご要望の場合は、お問い合わせ からご連絡ください。

変調信号を生成する FPGA/DAC を準備  アイパターンで変調特性を確認可能

評価ボード