検索
Image of language 日本 | 日本語
あなたの国または地域を選択してください

search

モーター回転検出

AKM の磁気センシングテクノロジーを解説

  • ホール素子の応用例
  • ブラシレスモーター

磁気センシング

現在主流のブラシレスモーターは、ホール素子の採用によって小型化・損失低減を実現し、高精度な回転制御が可能となりました。

小型モーターにおいて最もポピュラーな方式です。ここでは最も代表的なモーター使用例を紹介します。

ホール素子を使うメリット

  • 非接触で位置を検知するため耐久性が高い
  • 磁気を検出するため塵・埃・油などの汚れに強い
  • 小型化・軽量化・損失低減が可能

原理

ホール素子は、磁界の強度の応じたアナログ出力を得ることができます。この特性を応用し、ローターの位置検知を行います。モーターローターの磁極に対峙したステータ側に 1 ~複数のホール素子を並べて設置することでその磁石の配置からローターの位置が検知され、回転検知が可能となります。

構成例

4 極ローターに 3 個のホール素子を 60° 間隔に配置した代表的な例を紹介します。

構成 -1

4 極ローターと 3 個のホール素子により回転を検知します。

特徴

  • メンテナンスフリーのモーターを実現可能
  • 用途に合わせた設計が可能
  • 安定した軌道と低振動で静かな回転を実現
ホール素子によるモーター回転検出 構成 -1