検索
Image of language 日本 | 日本語
あなたの国または地域を選択してください

search

ニュースリリース

- 新製品情報 -

[Notes]

* ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
* AKMは、旭化成エレクトロニクス株式会社の商標です。
* その他、記載されている会社名、製品名は各社の商標および登録商標です。

音響解析機能内蔵、わずか 30μA でシステムを起動する A/D コンバーターを開発

2020/07/21

概要

旭化成エレクトロニクス株式会社 (AKM) は、音響解析機能「Acoustic Activity Analyzer (AAA) 」* を搭載したシステム起動 IC AK5706 を開発しました。あらかじめ設定したパラメータにより想定した音を AAA が検出すると、 内蔵 A/D コンバーター (ADC) や外部の SoC を起動するための Wakeup 信号を出力します。起動トリガとして本 IC を使用することで、SoC などのシステムをスリープさせることができ、機器の待機電力を大幅に削減できます。

さらに ADC で録音したデータを内部バッファーに貯めることで、SoC 起動後に保存したデータを参照することも可能です。音声アシスタント搭載のウェアラブル機器やガラス破壊音のような異常音を検知するセキュリティ機器など様々な用途で利用できます。

現在サンプル提供中で、2020年秋より販売開始予定です。

* Acoustic Activity Analyzer (AAA) とは?

AKM 独自の超低消費アナログ技術により、わずか 30μA の消費電流で動作する音響解析機能です (特許出願中)。単なる音量レベルの検出ではなく使用環境に応じて調整可能な複数の音響パラメータにより高度な設定が可能です。

AAA に入力された信号は、信号解析ブロック前段の Noise Level Detector (NLD) を通すことで常に周囲のノイズレベルを追従し、ノイズの多い環境下で発生する誤検知を低減します。周囲のノイズレベルに対して大きな音が入った場合、入力された信号を周波数の高低/長短から4象限に分類します。

例えば、人間の声は一般的に低周波数で長い時間続くため、音声アシスタントのウェイクワードを検知したい場合は、そのパラメータの範囲外の音を棄却することができます。同様に、ドアを叩く音 (高くて短い) でシステムを起動させたい場合は、低周波数かつ短時間の領域でのみ検知するように設定します。

その他、警報音などのパターン音を検出するアルゴリズムを組むことも可能です。

 

製品の特長

超低消費電力かつ多様な起動オプションに対応

AAA による音の検出のみならず、外部のセンサーとの組み合わせ (AND/OR) でも、Wakeup 信号が生成できます。外部センサーには、人感センサー、加速度センサー、磁気センサーなど様々なセンサーを使用できます。

SoC 起動中の録音データを貯めるバッファーを内蔵

64k byteのバッファーを搭載し、最大 2秒の録音データの保持が可能です。AAA による Wakeup 信号出力後に、SoC などの外部システムが起動するまでの時間分の録音データを保持することができます。
バッファーに保存されたデータは SPI を介して高速に読み出すことができ、リアルタイム処理が要求されるスマートスピーカーなどの音声アシスタント機器に適しています。

低消費電力で低ノイズ録音を実現

24-bit 分解能と 105dB のダイナミックレンジを確保する 2ch ADC を搭載。5m  以上の長距離録音が求められるセキュリティ機器にも最適です。チャンネル当たりの消費電力は、わずか 0.85mW です。

 

アプリケーション

  • セキュリティカメラ
  • スマートドアベル
  • スマートウォッチ
  • スマートグラス
  • スマートスピーカー
  • 拡張現実・仮想現実端末 (AR・VR)