CO2 センサー

小型でありながら高精度かつ低消費電力
センスエア が手がける NDIR 方式 CO2  センサー および AKM の CO2 センサー構成部品

製品情報

旭化成エレクトロニクス (AKM) のグループ会社であるセンスエアの非分散型赤外線 (NDIR: Non Dispersive Infrared) 方式の COセンサーは、小型でありながら高精度を実現、なおかつ乾電池で駆動可能なレベルの低消費電力を達成しています。

感染症の懸念が広がり室内換気の重要性が唱えられている現在、持ち運びしてお部屋・教室・オフィスビル・店舗の空気質をモニタリングする製品に最適です。また、高層のオフィスビルといった密閉度の高い室内環境で CO2 濃度を測定しながら空調の換気システムを制御することで、省エネ化と快適環境を実現します。一方、自動車においても車室内の CO2 濃度を測定しながら空調の換気量を最適に制御することで空調の負荷を下げ、燃費・電費を改善することが期待されています。

尚、AKM は NDIR 方式の COセンサーを構成する部品も製造・販売しています ( 赤外線 LED / 赤外線センサー / 赤外線 LED ドライバー内蔵アナログフロントエンド IC)。赤外線センサーは高感度・高速応答・小型パッケージであり、検出対象のガスの赤外線吸収スペクトル帯域だけを選択的に透過させる光学フィルターも搭載しています。

技術解説

CO2 センサーとは?

  • CO2 (二酸化炭素) とは ?
  • ガスセンサーの種類と仕組み
  • NDIR (非分散型赤外線方式 ) とは ?

センスエアが選ばれる理由

長年業界をリードできた理由とは

  • 世界最小クラスの消費電流
  • コンパクトなのに高精度

アプリケーション

用途から探す

CO2 センサーの活用事例を紹介

  • 子どもたちの安心・安全のために
  • 室内の空気質 
  • 家を用いた CO2 センサーテスト
  • 飲食店での CO2 濃度測定
  • 採用事例 SAF Tehnika

設計サポート

ドキュメントダウンロード

  • データシート
  • FAQ

ニュース

最新情報

  • 新製品
  • 採用事例

お問い合わせ

Contact us

CO2 センサーに関するお問合せ

センスエア (Senseair) について

2018 年に旭化成エレクトロニクス (AKM) グループの一員となったセンスエアは、NDIR : Non-Dispersive InfraRed (非分散型赤外線) 方式の技術を用いたガスセンサーの世界的なリーディングプロバイダーです。常に新しいガスセンサーの技術開発および量産化を目指しています。