検索
Image of language 日本 | 日本語
あなたの国または地域を選択してください

search

ニュースリリース

- 新製品情報 -

[Notes]

* ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
* AKMは、旭化成エレクトロニクス株式会社の商標です。
* その他、記載されている会社名、製品名は各社の商標および登録商標です。

ハイレゾオーディオ専用プロセッサー AK7739 AK7737 を販売開始

2019/05/28

概要

車の運転席や家のワイヤレススピーカーで、音楽を聴き、ハンズフリーで電話する。そんなシーンを実現している旭化成エレクトロニクス株式会社(AKM)のオーディオプロセッサーが、新たに AK7739・AK7737 としてアップデートされました。 ハイレゾ音楽ソースの音場処理により、これまで様々な車載ヘッドユニットに採用されてきた AK7738 を性能と機能をアップして提供します。32bit 浮動小数点演算に対応したオーディオ専用DSP、高級オーディオで定評のあるオーディオ技術「VELVET SOUNDテクノロジー」を搭載。

本製品は車載グレードCODEC内蔵品 AK7739VQ、ADC内蔵品 AK7737VQ の2種類をラインアップ、既に販売開始しています。

製品の特長

実績あるオーディオ専用DSPコアをアップグレード

実績ある AK7738 からDSPコア、オーディオI/O、ADC、SRCの仕様を一部見直しながら、システムに必要な機能をそのまま搭載しています。
AK7738 で使用していた28bit 浮動小数点を32bit 浮動小数点演算に機能アップ、1サンプリングあたり6144step/fs×3 (48kHzサンプリング時) の並列演算処理に大幅機能アップしています。プログラムエリアはRAMで構成されているため、ユーザーの要望に合わせた自由なプログラミングが可能で、サラウンド処理や様々な音響効果の再現、パラメトリックイコライザーを実現できます。処理に必要なメモリーは全て内蔵しているため、外付けメモリーは不要です。プログラムはシリアルインタフェース経由で外部から内蔵RAM領域に格納するため、アップデートが容易です。

VELVET SOUNDテクノロジー搭載 (AK7739)

アナログ出力には高級オーディオ向け部品で培った32bit 高音質DACのVELVET SOUNDテクノロジーを本製品にも展開されています。このため、ハイレゾ音源の再生にも最適です。

柔軟なオーディオシステム構築が可能

ステレオADC 2系統 / ステレオDAC 2系統/非同期ステレオSRC 4系統,モノラルSRC 4系統内蔵、本製品だけでオーディオシステムの主要部分を構成できます。AK7739・AK7737 内部のパスの接続はレジスターで自由に設定できます。 また、マイクアンプ/マイクバイアス回路の内蔵で、基板を省スペース化。さらに、外部のデジタル機器からの入力やD級アンプへの出力に対応可能です (シリアルオーディオインタフェース 入力12ch、出力12ch*、オーディオフォーマットは前詰め、後詰め、I2S、PCMに対応) 。

*TDM使用時、入力は96ch, 出力は96ch

アプリケーション

カーオーディオ、カーナビゲーションシステム、
ワイヤレススピーカー