ニュースリリース

- 新製品情報 -

[Notes]

* ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
* AKMは、旭化成エレクトロニクス株式会社の商標です。
* その他、記載されている会社名、製品名は各社の商標および登録商標です。

沿面距離・空間距離 > 8mm、60Arms対応 超高精度コアレス電流センサー (片極検知タイプ) を販売開始

2019/08/27

製品概要

旭化成エレクトロニクス (AKM) では、インバーター・ACサーボモーターの相電流検知等への使用を想定した60Arms両極検知コアレス電流センサー CZ-370x シリーズを上市しています。今回それらの用途に加えて、太陽光発電パワーコンディショナー (DC側) 等に向けた片極検知タイプのコアレス電流センサー CZ-372x シリーズを販売開始しました。一方向に流れる電流を測定する際に、両極検知タイプに比べてより高いSNRを実現できます。

CZ-372x series

製品の特長

沿面距離、空間距離 > 8mm

独自パッケージの開発により、沿面距離・空間距離共に8mm以上を実現しています。Working Voltage = 600Vrms (強化絶縁) に対応可能となっており、絶縁設計が容易となります。

低発熱 60Arms, 10.3 ~ 345.2A対応

CZ-372x シリーズは、独自パッケージの開発により、一次導体抵抗”0.27mΩ”という低抵抗を実現しています。これにより、シャント抵抗や他社類似製品と比較して、電流印加時の発熱を大幅に抑制することができ、60Arms連続通電を実現しております。さらに、CZ-3720 (-0.4 ~ 10.3A) からCZ-3726 (-14.9 ~ 345.2A) までの幅広い電流検出ラインナップを実現しており、システム基板の共通設計が可能で、定格が異なる機種への横展開が容易におこなえます。

超高精度

CZ-372x シリーズは、1.0%F.S. (Typ.) を実現した超高精度なコアレス電流センサーです。従来のコアレス電流センサーの課題であった外乱磁場抑制機能も内蔵しており、幅広いアプリケーションにおいて、システム効率の改善と精密制御に貢献します。

アプリケーション

  • 太陽光発電パワーコンディショナー (DC側)
  • 産業機器の過電流検知