ニュースリリース

- インフォメーション -

[Notes]

* ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
* AKMは、旭化成エレクトロニクス株式会社の商標です。
* その他、記載されている会社名、製品名は各社の商標および登録商標です。

Silentium社との契約締結について

2019/12/11

旭化成エレクトロニクス株式会社 (本社:東京都千代田区、社長:本多 英司、以下「当社」) は、このたび、Silentium Ltd (本社:イスラエル、CEO:Yoel Naor、以下「Silentium」) と、Silentiumが保有するエンジンオーダーキャンセル (以下 「EOC」 )*1 に関するソフトウェア技術について通常実施権を取得するライセンス契約を締結しましたのでお知らせします。

当社は、EOCに関連する独自のQB™ ソフトウェアテクノロジーについて、Silentiumとライセンス契約を締結しました。契約の条件に基づき、当社は主要製品であるオーディオ&ボイスプロセッサーにSilentiumのEOC向けのQB™ テクノロジーを搭載し全世界中で販売する権利を保有することになります。

近年、自動車における自動運転化の進展により車室内における静音化のニーズが急速に高まっております。今後、EOCのみならずSilentium社の各種アクティブノイズコントロール (ANC)*2 技術のソフトウェアを搭載した当社の低遅延処理を特徴とするオーディオ&ボイスプロセッサーは車室内に侵入してくるノイズを低減し、自動車室内の静音化に貢献ができると期待しております。

*1 EOC (Engine Order Cancel)
アクティブノイズコントロール技術 (低減させたい騒音に対して逆位相の音を発生させることで消音する手法) のひとつです。車室内に侵入するエンジンを発生源とするノイズと逆位相の信号を発生させてそのノイズを消音します。

*2 ANC (Active Noise Control) 
不要なノイズ波に対して逆位相の音波を生成することによりノイズを低減する方法。

Silentium Ltdについて
Silentiumはイスラエルに本社を置き、グローバルに研究開発、販売の拠点をもつ企業です。独自のアクティブノイズコントロール技術の提供を通して自動車だけではなく住宅や産業分野における静音化に貢献しています。
詳細はホームページをご参照下さい。