選ばれる理由

旭化成エレクトロニクス (AKM) の特徴あるエナジーハーベスティング IC が選ばれる理由をご紹介します。

エナジーハーべスティング

微弱なエネルギーで動作可能

従来回収されることなく捨てられていた光・振動・熱・電波などの微弱なエネルギー。これらを有効活用するための環境発電。
しかし、環境発電はその発電量の小ささから、IoT 端末などを駆動するには発電素子を複数接続し多くの電力を集めるには、規模の大きなシステムを組む必要がありました。

旭化成エレクトロニクス (AKM) の超低入力電力で起動可能な昇圧電源 IC ソリューションなら、これまで利用の難しかった低電力の環境エネルギーを有効活用することができます。

AP4470 は、わずか入力電力 1uW から昇圧開始して外付けの大容量コンデンサに蓄電可能であり、これまで電源として利用できなかった微小なエネルギーを電源として利用できます。この秘密は、AP4470 の入力インピーダンスを高く設計しているため、内部抵抗の大きい発電素子においても動作可能な電圧を入力できるからです。
また、AP4470 は自己消費電流が 52nA と非常に小さいため、入力電流が小さくても、昇圧した電流を出力コンデンサに蓄電が可能で、従来電源として利用できなかった発電素子をシステム用の電源として利用することができます。

微弱なエネルギーで動作可能
微弱なエネルギーで動作可能 - AP4470 system

エナジーハーベスティング IC が自己判定して出力電源供給を制御

旭化成エレクトロニクス (AKM) のエナジーハーベスティング IC は、2 つの超低消費電流な電源電圧監視機能を内蔵しており、システム構築に最適な電源供給を制御します。

AP4470/73 は、蓄電電圧が 3.3V に達すると自動的に外部のシステムに電源供給を開始し、2.6V まで下がると電源供給を停止します。また、蓄電電圧が 3.55V まで上がると過充電保護機能が働きます。

そしてこれらを制御する監視回路はわずか 52nA の消費電流で動作可能なので電源 IC での自己消費を抑制できます。

エナジーハーベスティングICが自己判定して出力電源供給を制御

製品についてもっと知りたい方はこちらをご覧ください。