検索
Image of language 日本 | 日本語
あなたの国または地域を選択してください

search

在庫管理の簡易化、小型化の実現

回転位置センシング

課題 ...

一般的に光学式では、エンコーダーの分解能ごとにスリットを用意し、ラインアップを組む必要があります。また、高分解能なエンコーダーでは、スリットの数が増えるためサイズが大きくなります。
在庫管理が簡単で、且つ小さなエンコーダーはないのでしょうか?

解決策 ...

光学式エンコーダーではディスクのスリットの数で分解能が決まるため、用途ごとに必要な分解数が異なる場合、各製品ごとに別のエンコーダーを用意する必要があります。これに対し、磁気式エンコーダー用回転角センサー AK745x は、一つの製品で様々な分解能設定が可能です。

  • 部品調達・在庫管理の簡易化を実現可能
  • 製品ラインナップでの部品共通化に貢献
光学式エンコーダーの場合
AKMの回転角センサー (AK745xシリーズ) の場合

また、AK745x を使用した磁気式エンコーダの構成では、磁石の選択肢 (大きさ、種類) が広がり、小型化を実現可能です。

AKM の磁気式回転角センサは様々な素材の磁石が使用可能です。必要な磁束密度を満たしていれば、磁石素材・サイズに関係なくスペックを保証します。モーターシステムのコストやサイズに応じて、柔軟に磁石を選定することが可能です。詳しくは、磁石の選定ガイドラインをご確認ください。

より詳細な内容については、お問い合わせください。