検索
Image of language 日本 | 日本語
あなたの国または地域を選択してください

search

組立収率の向上、製造コストの削減

回転位置センシング

課題 ...

磁気式回転角センサーは磁石中心 (回転中心) とセンサー中心を同一直線上に合わせて使用する必要があり、
実装誤差があると期待する精度がでないのでは…

精度がでないと収率も劣化するし、精度を出そうとすると工数やコストが増えそうだな…

解決策 ...

磁石中心とセンサー中心がずれている場合、角度誤差が発生しますが、
AKM の回転角センサーはこの軸ずれに対して強い耐性を有します。

軸ずれ耐性が強いことによって、モーターシステムの組立収率向上、製造コスト削減に貢献します。

AKM 推奨の磁石を用いた場合のセンサーの軸ずれによる角度誤差などのデータは、こちらをご参照ください。

AKMの回転角センサーは軸ずれ耐性が高い

また、光学式の場合、組立製造ラインでクリーンルームが必要となりますが、磁気式エンコーダーであれば、エンコーダー、モーターユニットの組立時にクリーンルームが不要になり、製造コストの低減が可能です。

詳しくは組付けのデモ動画をご確認下さい。

より詳細な内容については、お問い合わせください。