検索
Image of language 日本 | 日本語
あなたの国または地域を選択してください

search

角度精度 0.1° を実現する簡単なキャリブレーション

回転位置センシング

課題 ...

0.1° 程度の精度を実現するためのキャリブレーションって複雑な作業が必要なのでしょうか

解決策 ...

回転軸を3回転させるだけの簡単なものです。

キャリブレーションの実施例を示します。参考のデモ動画は以下をご覧ください。

① 必要なもの:モーター、ドライバ、マイコン、磁石、AK745xを準備。

② シャフトに磁石を装着、AK745x を搭載した基板をモーターに取り付ける。

③ シャフトを2回転させ、角度データを取得し、補正データを作成。

④ 補正データを AK745x に書き込む。

⑤ シャフトを1回転させて角度データが改善されていることを確認する。

これでキャリブレーションは終了となります。

上記についてはステッピングモーターでの例ですが、DCブラシレスモーターでご検討の方は、お問い合わせください。

AK7454 は、軸端配置 (Shaft-End) 、非軸端配置 (Off-Axis) の二通りの使用方法があります。キャリブレーションは軸端、非軸端いずれも同様のやり方になります。キャリブレーション後の精度は、非軸端であっても軸端同様に 0.1° 程度の精度を実現可能です。

非軸端配置 (Off-Axis) については配置自由度が広がる"Off-Axis" をご覧ください。

より詳細な内容については、お問い合わせください。