センスエアが選ばれる理由

CO2 センサー

2018 年に旭化成エレクトロニクス (AKM) のグループ会社となったセンスエア社は、NDIR : Non-Dispersive InfraRed (非分散型赤外線) 方式の技術を用いた CO2 センサーの世界的なリーディングプロバイダーです。

これまでの私たちの経験では、CO2 センサーに対するカスタマーニーズは基本的に以下の 3 つです。 

#1 長時間の駆動で定期的なメンテナンスを不要にしたい。

#2 バッテリーで動作可能な空気質モニターを作りたい。 

#3 高精度かつ小型の空気質モニターを作りたい。 

これらのニーズに応えるため、センスエア社は 25 年以上にわたり R&D 部門へ多くのエンジニアを投入して技術を磨き、この NDIR 方式 CO2 センサーの開発・製造を続けてきました。その結果、私たちの NDIR 方式 CO2 センサーは、世界中の様々なカスタマーに広く採用されています。

ここでは私たちの CO2 センサーが選ばれる理由を紹介します。

センスエア (Senseair) について

2018 年に旭化成エレクトロニクス (AKM) グループの一員となったセンスエアは、NDIR : Non-Dispersive InfraRed (非分散型赤外線) 方式の技術を用いたガスセンサーの世界的なリーディングプロバイダーです。常に新しいガスセンサーの技術開発および量産化を目指しています。