技術解説

CO2 センサーとは ?

最近、換気などの重要性が増し、よく目にする ”CO2” というワード。どのようなものなのか?人体への影響は?などのギモンにお答えします。
また、CO2 を計測するにセンサーについても解説します。

CO2 センサー

CO2 (二酸化炭素) とは ?

CO2って何? それは人体にどのような影響を与えるの?

CO2 は地球温暖化の原因物質として取り上げられておりますが、人体にとっても悪影響を及ぼします。室内の二酸化炭素濃度が高くなると頭痛・眠気・倦怠感などを起こし、6000 ppm を超えると意識を失うこともあります。

ガスセンサーの種類と仕組み

ガスセンサーの種類とその仕組みについて

ガスセンサーには様々な方式があり、対象ガスや用途に合わせて、最適なガスセンサを選ぶことが大切です。一般的なガスセンサーの方式として、NDIR : Non Dispersive InfraRed 方式 (非分散型赤外線方式 ) 、半導体式、電気化学式があります。各ガスセンサーの検知方式の原理とそのメリット・デメリットを説明します。

NDIR ( 非分散型赤外線 ) 方式とは ?

NDIR (非分散型赤外線) 方式とは?

NDIR 方式のガスセンサーではガス分子 (例.CO2) が赤外線を吸収する性質を利用してその濃度を算出します。そのため、NDIR 方式のガスセンサーには赤外線を放出する赤外線光源と、赤外線を検出する赤外線センサーが搭載されており、搭載する赤外線光源と赤外線センサーの種類によって NDIR 方式のガスセンサーは性能が異なります。NDIR 方式の原理と構成部品の赤外線光源とガスセンサーについて解説します。

センスエア (Senseair) について

2018 年に旭化成エレクトロニクス (AKM) グループの一員となったセンスエアは、NDIR : Non-Dispersive InfraRed (非分散型赤外線) 方式の技術を用いたガスセンサーの世界的なリーディングプロバイダーです。常に新しいガスセンサーの技術開発および量産化を目指しています。